読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2017:東京11R-スイートピーS

広告

今週は予想数が少なくなったので、天皇賞春以外のメインレースも。ちょいと両オープン特別も予想してみます。

予想:

◎17番:ポールヴァンドル
○7番:ブラックスビーチ
▲4番:アンネリース
△8番:メイショウオワラ
△1番:エンパイアガール

馬券は:

単勝:17番:ポールヴァンドル
単勝:4番:アンネリース
複勝:8番:メイショウオワラ
複勝:1番:エンパイアガール
馬連:7-17、4-17、4-7
ワイド:8-17、7-8、4-8、1-17、1-7、1-4
三連複:流し
  7-17:1、4、8
三連単:17-7-4、17-7-1、17-7-1

考えたこと:

ちょっと点数が増え気味の東京メインレース。
本命は人気のポールヴァンドルです。
新馬/未勝利勝ちの1勝馬が多いなかで近走で未勝利⇒500万下と連勝してここに出走、負けていたとはいえ新馬から未勝利戦初勝利までの三戦すべてで勝ち馬から0.2秒以内という僅差、使うごとに勝ち馬との差を0.1秒づつ短縮し四戦目でようやく初勝利、注目は新馬戦の勝ち馬レイデオロとのレースです。0.2秒差決してその差は小さくないとはいえ世代有力馬のレイデオロに1馬身ちょっとの差で2000mの新馬戦を走り切った実力は評価していいと見ています。オープンでも通用しそうな実力馬ですね。素直に評価。

対抗はこらまた人気どこのブラックスビーチ
未勝利戦勝利直後の出走になります。フローラS除外でこっちに回ってきました。牝馬限定戦なら結構やれそうな実力馬です。三走前のプリンセスルーラー以外の牝馬には先着を許していない馬、近三走はすべて連対していますし、唯一着外の新馬戦も牝馬最先着で前には牡馬しかいない着順でした。前走は前を行く馬がお終いバタバタになる中でほぼ唯一といってもいいくらい粘り込み、一番人気の面目躍如といったところで実力を見せつけてくれました。そもそも道中三番手で競馬していた馬が上がり三ハロンのタイムがメンバー中三番手の優秀なタイムでレースをまとめましたから、未勝利戦では実力が違ったように思えます。ちょっと過剰人気のような気もしますが未勝利戦勝利直後のここでもやれそうです。

単穴一発がありそうなのはアンネリースです。
未勝利戦勝利直後の昇級初戦で格上挑戦のオープン特別、しかも休養明けですが一発ありそうな気配を出しています。
新馬から未勝利戦で既に六戦していますが、馬券にならなかったのは1戦のみその1戦も掲示板確保の四着です。その他はすべて複勝圏内、二着が多いのでちょっと爪が甘いかな、と言うところはあります。届かずの二着ってところでしょうか。
休養明けで未知数なところではありますけど、東京も安定して走っていますので、一発あっても不思議じゃない昇級初戦です。

穴のおさえで二頭メイショウオワラとエンパイアガールです。
メイショウオワラは前走500万下勝利、二勝馬です。これだけで頼り実績優位と見ていいのですが不思議と人気がない、これは狙い目かもしれない、と思ったところでおさえておくという意味が強いです。
大敗したのも新馬戦で勝ったミスエルテから1.1秒差の九着、これはいろいろしょうがないということで片付けるにしても、ファルコンSの八着は勝ったコウソクストレートからは0.6秒差とそれほど負けているとは思えません。ファルコンSは三番手で競馬したボンセルヴィーソとメイソンジュニアが残って二着三着に入っていますが基本的に前に行った馬は沈んでいて後ろから行ったコウソクストレートや後ろから行った穴馬ダイイチターミナルが四着に飛び込んできたようなレース、メイショウオワラには向かなかったといえます。前走の500万下は展開が向いたレース、同じような位置取りの馬が掲示板に載っています。クビ差の二着に下したサングレーザーはデイリー杯三着やホープフルSでレイデオロと0.5秒差の五着とオープンクラスで実績を残している実力馬(だけどなぜか500万下勝てないんだよね)と考えると、前走の500万下勝利は評価してよさそうに思えます。
もう一頭の穴のエンパイアガールは前走の新馬戦をハナ切ってそのままスピードで押し切り勝ち、二着も二番手で競馬したマルカノカガヤキでまさに行った行ったのレースでした。この一戦しか情報がないというところで、未知の魅力を買う意味でのおさえになります。もしかしたらすごい素質馬かもしれませんからね。