読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り2017:東京11R-青葉賞

広告

本命・対抗はそろって沈みました。
勝ったのは軽視していた一番人気アドミラブル。強いレース振りでした。

予想の結果:

1着:△10番:アドミラブル
 …
4着:▲4番:ポポカテペトル
 …
6着:○5番:ダノンキングダム
7着:◎11番:トリコロールブルー

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:11番:トリコロールブルー=ハズレ
馬連:5-11、4-11、10-11、4-5=ハズレ
ワイド:5-11、4-11、5-10、4-10=ハズレ
三連複:ボックス
   4、5、10、11=ハズレ
三連単:11-5-4、11-5-10、11-4-10、11-10-5、11-10-4=ハズレ

振り返って

スタート前に本命トリコロールブルーや対抗のダノンキングダム、イブキあたりがイレ込んでいて、やや暴れ気味、という情報が流れてきました。それは嫌な感じだわぁ。

こうしてスタートしたダービートライアル、青葉賞。
スタートは各馬一斉にそろったスタート。大きく出遅れもなくいい感じです。

アグネスウインが好スタート、インに行く馬がいなくハナに行きたい馬は外枠に多いせいかインを利してアグネスウインがハナに立とうという勢い。
ダノンキングダムやマイネルスフェーン、タガノアシュラも前につけて行きます。

一コーナーから二コーナーへ
ハナを切ったのはインを利してアグネスウイン、と思っていたら、その外からススーッとタガノアシュラが先頭に立ちました。なんとなく逃げ切られた黄菊賞を思い出します。

向正面でペースが多少落ち付き、先頭はタガノアシュラで変わらず、二番手にはマイネルスフェーンが進出

三コーナーから四コーナーへ、徐々にマイネルスフェーンが進出していくるところ、四コーナーで早め外からアドミラブルが勢いよく上がってきます。

最後の直線に入って一気に伸びるアドミラブル
さらにその外からはベストアプローチ。
シマッタ、ベストアプローチ切っちゃいけなかったか?

この時点で全くお終いが伸びる気配のないトリコロールブルーは諦めました。ダノンキングダムも一瞬伸びようかなという感じを見せましたが直線に入ってから全然伸びている気配がありません。

インからポポカテペトルが伸びてくる気配、よしポポカテペトルがんばって入着してちょうだいな、それなら…。
アドミラブルの勢いを超える末脚を持っている馬は居ないように見えました。よって二着三着争いが重要になってきます。

むむむ…、いま一つインで伸びないポポカテペトル、
一方でアドミラブルに迫れないにしても二着は確保しそうな末脚のベストアプローチ、切るんじゃなかった…。

しかも最後の最後のアドマイヤウイナーポポカテペトルに並びかけ、馬体を併せて三着争いに加わってきました。

アドミラブルは圧勝、先頭でゴール、二着はベストアプローチ、三着はポポカテペトルとアドマイヤウイナーが並んでゴール。
ポポカテペトルが三着ならワイドの可能性があります。ドキドキ。
掲示板の三着に光ったのは「6番」

…。

アドマイヤウイナーでした。
ポポカテペトルはハナ差及ばずの四着。
本命・対抗のトリコロールブルーとダノンキングダムはそれぞれ七着と六着と掲示板にも載れない成績でした…。残念。