読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

今週の気になる2017:NHKマイルCとその他

広告

今週はNHKマイルC、強気に本命にはできませんがオールザゴーが出走。
他にもプリンシパルSにスイーズドリームスが出走していたり、矢車賞にコロナシオンが出走してきたりとなかなか個人的に注目しておきたいレースが多いです。

NHKマイルC

NHKマイルCにオールザゴーが出走することになりました。前走マーガレットSは強い競馬で抜け出して勝利、重賞でもやれそうなところをを見せてくれました。ただ、さすがにGIですからね。
昨年はメジャーエンブレムからレインボーラインとロードクエストで三連複を的中できたレース。
今年も上手いことやりたいところです。
そういや去年はファルコンSをステップに挑んだトウショウドラフタを対抗にして予想馬で掲示板を占めたにも関わらず三連複1点のみ的中というイマイチな馬券になってしまいました。今年は惑わされないぞ、と意気込んでいたら、ファルコンSから直行している馬は居らず、ニュージーランドTを挟んでいます。その先鋒がボンセルヴィーソです。
ただ、ニュージーランドTって一番直結しそうな前哨戦のわりには意外と結果が出ていないようなイメージがあるんですよね。勝ったジョーストリクトリも三着のボンセルヴィーソもこの前哨戦ニュージーランドTからのステップなのでちょっと気に掛かります。
去年12番人気のレインボーラインで穴となったアーリントンCの上位馬、今年はレッドアンシェルがアーリントンC二着からのNHKマイルC挑戦となります。レッドアンシェルは朝日杯以外は大きく負けていないところがポイントですね。とはいえペルシアンナイト0.5秒差の二着は評価していいかどうかはちょっと迷いがあります。そういや上と多少矛盾してしまいますが、去年のレインボーラインはニュージーランドT五着からのNHKマイルC三着でしたね。やっぱニュージーランドT組は警戒しておくべきなんすね。

人気するけど走りそうなのはモンドキャンノですね。前走大敗で人気が落ちるなら狙っていきたい一頭です。マイル以下なら走る、マイル以上は走らない、と前走で判断したとすると、やはりここは中心視せざるを得ません。父キンシャサノキセキで母父サクラバクシンオーで1800m戦はやっぱピンときません。マイル以下、スプリント戦でこそ、って感じがしますね。

そして忘れちゃいけないのはカラクレナイです。ローエングリン産駒の中で今年一番と言える活躍を見せている馬だと思います。ヴィゼットジョリーがいま一つな走りなので。
そもそも1400mまでの馬じゃないかと一部では言われていたこともありますが、桜花賞もレーヌミノルに0.2秒差に迫る四着でしたし、マイル戦は対応できるところを見せてくれました。ここも人気しそうですが、がんばってほしいですね。ローエングリンの価値を上げるためにも。前走の桜花賞もお終いの競馬に徹底して一ハロン長いという評価を覆しました。乗り方一つでここもやれそうだと思います。
近年では勝ち馬に限るとオープンクラスのマイル戦で勝利している実績が必要というデータがあるのですが、意外とこれに該当する馬が少ないのが今年のNHKマイルCです。
シンザン記念の勝ち馬キョウヘイ、ニュージーランドTの勝ち馬ジョーストリクトリ、ジュニアCの勝ち馬ナイトバレットしかいません。微妙なんですが交流重賞でダート戦の全日本二歳優駿のい勝ち馬リエノテソーロが入るかどうか、というだけです。
芝の中央競馬に限れば上述の三頭しか勝ち馬の資格は持っていないということが言えます。そうなると人気のモンドキャンノやカラクレナイは連下までの扱い、ということで二着・三着の扱いになってしまいますね。もう一頭くらい切って二頭軸で勝ち馬候補を絞りだしたいところです。

スイーズドリームス

土曜日の東京11RプリンシパルSに出走予定のスイーズドリームス。
完全穴馬です。人気になりそうなのは弥生賞で途中まで一番人気(最終的に二番人気)だったダイワキャグニーとか新馬戦勝利直後のヘリファルテ、きさらぎ賞でスタート直後に落馬したりニュージーランドTで二番人気と人気して六着と負けてしまったスズカメジャー辺りです。重賞で人気を集めるようなメンバーですからね、結構強敵。

コロナシオン

日曜日の京都9R矢車賞に出走予定のコロナシオン
矢車賞に注目なんて普段はめったにしないもんですから、96年のトウカイジャスパーが勝ったレースぐらいしか今までで覚えていないです。
でこれくらいの温度感のレースにコロナシオンが出走します。勝っても無理にオークスは使ってほしくないなぁ、という気持ちもあるし、ブエナビスタやジョワドヴィーヴルが阪神JFを勝利した時が一勝馬だったように、二勝馬でオークス挑戦で激走して「やっぱ血のなせる業っすね」なんて言いたい気持ちもあって半々です。

でもメンバーにドロウアカードがいるんですよね…。ドロウアカードは結構強いと思います。フラワーCと忘れな草賞連続三着ですし。

どっちにしろ、500万下で足踏みするような馬ではないという個人的な印象、好走を期待したいところですね。