読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2017:京都11R-京都新聞杯

広告

人気馬が堅いレースをしそうな京都新聞杯。人気どころを中心にします。

予想:

◎11番:プラチナムバレット
○4番:インヴィクタ
▲3番:サトノクロニクル
△9番:メルヴィンカズマ

馬券は:

単勝:11番:プラチナムバレット
複勝:9番:メルヴィンカズマ
馬連:4-11、3-11、3-4
ワイド:9-11、4-9、3-9
三連複:ボックス
   3、4、9、11
三連単:11-4-3、11-3-4、11-4-9、11-3-9

考えたこと:

プリンシパルSの予想でも書きましたが、プラチナムバレット、毎日杯の走りを見たらちょっとここは外せません。当然の本命。
この馬は前走の勝利した500万下よりその前の毎日杯、勝ったアルアインは皐月賞を勝利しましたが、この馬はその毎日杯でアルアインに0.5秒差、そのレースの二着三着馬がここに出走してきていない点から考えても、「皐月賞馬の次点」に居るのはこの馬だ、と考えています。言い過ぎかな。重賞でやれるところを見せていたわりに前走の自己条件では三番人気で勝ち馬と0.0秒差はちょっと物足りないですが、ここでも実力を発揮してもらいたいところです。

対抗はインヴィクタです、サトノクロニクルと迷ったけど実績でこっちを推します。
この馬は何といっても前走の若葉Sの三着、一番人気でしたが三着に敗れた若葉Sではちょっと距離が足りなかったようにもみえます。と、いうのも前々走梅花賞2400m戦が久々のレースで馬体重+10キロにも関わらず二着に0.3秒差を付けて圧勝、この勝ちっぷりで若葉S一番人気に推されたようなものですが、結果はご存知の通り…。
一ハロン伸びて2200m戦となる今回は前走の三着より前進しそうな実力馬です。青葉賞出た方が良かったんじゃないの?ってくらいの素質馬に思えます。

三番手はサトノクロニクル、調整過程で順調度を欠いていますがどこまでやれるか…でも実力馬なのは間違いないです。成績がそれを物語っています。ただ今回は放牧帰りということもあって個人的には割り引きです。
脚元に問題があったとはいえ成績は申し分ありません。血統面も半兄のサトノラーゼンはこの京都新聞杯を勝利してダービー二着という血統ですから、兄弟制覇もあるかもしれませんね。順調度を欠いてるので個人的には評価は下げていますが。

穴ではメルヴィンカズマです。
まだ500万下を勝っていない立場での格上挑戦ではありますが、三着以内ならありそうな実力馬です。
前走は完全にインで包まれて出れなくなっていましたから度外視していいレースです。前走は内目の枠でしたが今回は外目の枠ですし、うまく乗れば包まれることはないかと。
この馬は未勝利戦でサトノクロニクルに0.2秒差の僅差の勝負をしていますし、前走はなみずき賞を七着に敗退と言っても勝ったプラチナムバレットとは0.4秒差、三走前には未勝利戦でアドミラブルに0.4秒差の二着、というレースもあります。先週青葉賞を強い勝ち方で完勝したアドミラブルに未勝利戦とはいえ0.4秒差の二着のレース振り。この辺を見る限り「この馬そんな弱い馬じゃないんじゃないか?」って思えて仕方ないところです。穴でねらうならここですね。