読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2017:東京11R-プリンシパルS

広告

贔屓の予想です。人気どころは贔屓のスイーズドリームス以外、割と穴目の予想です。

予想:

◎4番:スイーズドリームス
○7番:ロードアルバータ
▲3番:エトルディーニュ
△11番:チャロネグロ

馬券は:

単勝:4番:スイーズドリームス
単勝:7番:ロードアルバータ
馬連:4-7、3-4、3-7
ワイド:3-4、3-7、3-11、7-11
三連複:ボックス
   3、4、7、11
三連単:4-7-3、4-3-7、4-7-11、4-3-11

考えたこと:

POG馬ということで贔屓目と願望を入れて本命はスイーズドリームスにします。結構人気目で現在二番人気です。
デビューからずっと1800m戦を使ってきました、前走で初勝利。東京競馬場はデビュー戦となる新馬で四着、他馬と違ってコース経験があることと掲示板止まりだったとはいえヨレてまともに走っていないなかでの四着はコース適正としては評価してもよさそう。
次の未勝利戦二着も勝ち馬に寄られて進路が狭くなった不利があっての二着、一勝馬とはいえ、こういうアクシデントで出世が遅れていましたが実力は割と評価しています。

対抗はロードアルバータ、対抗~単穴くらいの温度感です。
この馬まだ500万下勝っていないのですが、新馬戦は現在このレースで一番人気のスズカメジャーに0.2秒差の二着、素質の高さを見せて中一週ですぐに未勝利戦を勝ちあがっています。
未勝利戦勝利直後で500万下で三着、すぐにオープンクラスに昇格するよ思われていましたが、ハナを切ってしまった前走は四着に敗退、ちょっと遠回りしている感じです。ただ全く脚質と違った競馬をした前走でも勝ち馬プラチナムバレットに0.2秒差はかなり評価できます。そのプラチナムバレットは毎日杯で後に皐月賞馬となるアルアインに0.5秒差の四着に好走する実力馬、はなみずき賞は譲りましたが勝ち馬とはそれほど離れていませんし三着馬ともハナ差の接戦なのでプラチナムバレットをモノサシにするとここでもやれそうな実力馬と評価できます。

三番手評価にエトルディーニュ。前走スプリングSこそ六着に敗退してしまいましたが、セントポーリア賞二着に続いて共同通信杯二着の実力馬、そのスワーヴリチャードは皐月賞六着と掲示板こそ外しましたが、勝ち馬から0.4秒とそれほど負けていません。スプリングSだけを度外視すると1800mでのし上がってきたのこの馬も評価しておきたいところです、ロードアルバータとこのエトルディーニュは人気がないのが何といっても魅力です。

チャロネグロもおさえておきたい一頭、未勝利戦勝利直後の共同通信杯は残念ながら結構負けてしまいましたがすぐに立て直して500万下勝利でオープン昇格です。未勝利や山吹賞といった勝ち鞍を見る限りでは2000m以上の方がいい、という傾向が見て取れます。もしかしたら共同通信杯も新馬戦も1800mだったから負けただけだったりして。
この時期で2200m戦で実績を出している馬の数は少ないので中距離馬としておさえたい一頭です。

チャロネグロと迷って切ったのはヘリファルテ、一勝馬の未知なる魅力があります。
それを言っちゃあ、一番人気スズカメジャーもおさえたいし、前走弥生賞だけしか大敗していないダイワキャグニーもおさえたいところですね。そうするとキリがなくなるのでこのへんで。