読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2017:東京11R-NHKマイルC

広告

これは難しい…、大混戦でどの馬もチャンスがある状態。オッズにも表れていますね。前日オッズで9頭が10倍台以内にいて10頭以上が20倍台以内という混戦。

予想:

◎1番:モンドキャンノ
○15番:レッドアンシェル
▲3番:アウトライアーズ
△11番:オールザゴー
×6番:ボンセルヴィーソ(複勝一点)

馬券は:

単勝:1番:モンドキャンノ
複勝:11番:オールザゴー
複勝:6番:ボンセルヴィーソ
馬連:1-3、1-15、3-15
ワイド:1-11、3-11、11-15
三連複:ボックス
   1、3、11、15
三連単:1-15-3、1-15-11、1-3-15、1-3-11

考えたこと:

まず、オッズ割れ過ぎですね。どれを選んでもそれなりに配当は期待できる反面、大穴狙いでも大穴と言うほどの配当は付かないというオッズ。当日でどれくらい変わるかは分かりませんけども、人気どころをトリガミを気にせずに狙える、というのは本命党にとっては狙いやすいレースになっていますね。

気になる馬はモンドキャンノ、アウトライアーズ、カラクレナイ、ボンセルヴィーソ、ジョーストリクトリ、オールザゴー、ミスエルテ、レッドアンシェル、アエロリット、さすがに九頭も予想に入れると点数が増えて仕方ないということがあって、上手いこと絞っていかないといけませんですね。三連複全頭ボックスでもいいか、などと思ってしまいましたが。

好きな馬だけで馬券にすると、カラクレナイ、モンドキャンノの人気どころからボンセルヴィーソ、オールザゴー、レッドアンシェルあたりに流す、といった感じになります。でもそんな好きな馬だけでGI取れるほど甘くはないでしょうね。と、いうことでちょっと考えてみました。

そこで本命は連軸としての本命モンドキャンノ。
勝ち切らないとしても二着は堅いんじゃないか、ということでの本命。
マイル以下なら実力を見せつけてきたモンドキャンノ、前走1800m戦で見切りを付けてここに出てきました。でも、モンドキャンノ、マイルならホントに大丈夫なの?ってのは思います。1400m以下がベストじゃないか?って感じも。適距離はもうちょっと短めということから詰めの甘さが出て二着もありそうな感じがします。
東京は京王杯2歳S快勝とゲンのいいコースですし、最内枠で溜めてお終いの競馬ができれば結果は付いてきそうな気がします。

対抗はレッドアンシェルにしました。
個人的にはペルシアンナイトが出走して来たら確勝と見ていたので、アーリントンCでそのペルシアンナイトから0.5秒差の二着に入ったレッドアンシェルはやはり評価しておきたいところです。ただ、0.5秒はちょっと離されすぎと考えることも言えるかもしれませんけども。さらに初コース初左回りと初物が多いのもちょい本命にはできないところでありますが、休み明けのアーリントンCを二着好走でここ出走はローテーション的にも悪くないように見えます。

三番手評価にはアウトライアーズ
アウトライアーズはやっぱ500万下のひいらぎ賞が秀逸ですね。二着にはこの後にスプリングSを勝利するウインブライト、三着にはジュニアCを勝つナイトバナレット、四着には共同通信杯二着のエトルディーニュ、とのちのオープン・重賞戦線で勝ち負けする強豪馬を抑えての勝利をおさめたのがこのアウトライアーズ、このひいらぎ賞のレースレベルが高かったのはのちの成績を見れば明らかです。次走のスプリングSも二着に入って、皐月賞への切符を手にしましたが、皐月賞は惜しくも12着、とはいえあのレースは勝ったアルアインから0.6秒差、着順ほど負けてないといえます。

穴でオールザゴー、POG馬なので贔屓目も入れての予想追加です。
正直POG馬という想い入れ以上の強調点はあまりない所ですが、前走のマーガレットSはなかなかレースセンスを感じさせる走りでした、今まで500万下⇒スプリングSとハナを切るか二番手くらいでの競馬だったのを道中は六番手と好位で溜めて抜け出す競馬でしたから、成長の跡が見られます。

残りの切った馬たちは、どれも一長一短で選びきれないところがあります。

逃げ粘るか?ボンセルヴィーソ、東京コースが初コースでどうか?というのは多少思うところがありますが、二走前のファルコンSは中京の左回り、ここでコウソクストレートと0.0秒差のタイム差ナシの勝負をしていますので左回りは大丈夫と判断できます。いままで四戦重賞で勝負して逃げ馬が大きく崩れていない、という点がかなり評価してよさそうに思えます。他にハナを主張してきそうな馬も居なさそうだしマイペースでの逃げができそうですね。粘り込みありそう。しかもあまり人気ないし。

個人的にアツいのが6枠、ミスエルテとオールザゴーの二頭です。枠連で買うなら6枠は外せないところですね。
そのミスエルテ桜花賞は休養明け初戦でしたし、かなりイレ込んでいましたからね。いつもの脚が使えなかったように思えます。一叩きして上積みが見込める今回は勝負気配が漂っています。イレ込まなきゃいいんですが、またイレ込みそうな感じもします。

切ったけどジョーストリクトリは穴で気になりますね。たぶん気になって居る人は多いはず。清水久厩舎で鞍上武豊JKとキタサンブラックを想像させるコンビです。このコンビで前走ニュージーランドT制覇の勢いでそのまま走り切って勝利、何てありそうな気もしますけど、うーんそんな甘いもんですかね。GIって。

アエロリットは最近よくある桜花賞⇒NHKマイルC好走パターンの一頭ですね。桜花賞5着は良績の部類に入ると思います。新馬勝ちからずっと1600m戦を使ってきていますし、三戦連続二着と結果も残しています。人気もうなづけるところですね。

結局切ったけど、ローエングリンファンとしては外せないのはカラクレナイ、前走は足下がちょっと悪かった(JRAでは稍重発表)のがお終いの切れ味に影響したかも、ってところはあります。ただ、1400mまでの馬、というイメージがどうしても消えなくて、優先順位的に落ちてしまいました。出遅れそうだし。