読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り2017:東京11R-NHKマイルC

広告

結局気になる馬全頭であってもリエノテソーロは外していました。
勝ったのは重賞未勝利のアエロリット、唯一の東京マイル経験が活きた、というところでしょうか。

予想の結果:

3着:×6番:ボンセルヴィーソ(複勝一点)
4着:○15番:レッドアンシェル
5着:△11番:オールザゴー

9着:◎1番:モンドキャンノ
 …
13着:▲3番:アウトライアーズ

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:1番:モンドキャンノ=ハズレ
複勝:11番:オールザゴー=ハズレ
複勝:6番:ボンセルヴィーソ=アタリ!
馬連:1-3、1-15、3-15=ハズレ
ワイド:1-11、3-11、11-15=ハズレ
三連複:ボックス
   1、3、11、15=ハズレ
三連単:1-15-3、1-15-11、1-3-15、1-3-11=ハズレ

振り返って

パンパンの良馬場となった東京競馬場のスタート
好スタートはアエロリット、ナイトバナレットはちょっと出遅れのようです。
スタートよかったアエロリットはそのままハナにいくように見えましたがどっこいそうはいかない、ハナを切るのはボンセルヴィーソ、スタートよかったアエロリットが外目から二番手追走でレースを進めます。
中団にオールザゴーと馬体を併せているカラクレナイの姿も見えました。

こうして各馬三コーナーから四コーナーを経て最後の直線へ。

内で粘るボンセルヴィーソ
モンドキャンノはその直後からイン抜けの構え、ボンセルヴィーソを交わすだけで先頭なんですが、意外と伸びてこないです。
一方人気のカラクレナイ、馬群でもがいているように見えます。抜け出せない、というか前が止まってないというか、何とも言えませんが残念ながら馬群に沈みそうな感じです。
そんな人気馬たちを尻目に先頭をひた走るのはボンセルヴィーソ、そのボンセルヴィーソを交わすべく外から来ているのはアエロリット。
そのアエロリットに馬体を併せようと並びかけているのはリエノテソーロ。

各馬が伸びない…、そんな中、唯一伸びているのが二番手集団を外から追走していたアエロリット。

…これ、もしかしてボンセルヴィーソが絶妙なスローで逃げたから、後ろから行く馬が全く伸びない展開になって居る?などという考えが頭をよぎりました。何せ後ろから行く馬が一切飛んでこないのです。

こうして二番手追走だったアエロリットが残り200mを過ぎたところで先頭に立つ、後ろからきたリエノテソーロがアエロリットを必死に追走、ダート馬だと思って軽視していましたが軽視禁物だったんですね。

こうしてアエロリットとリエノテソーロが並んでゴールイン、インではしぶとくボンセルヴィーソが粘り込む。ボンセルヴィーソ、三着っぽいな。複勝当たったな。
その後ろには必死に追うレッドアンシェルやオールザゴーの姿が…。時すでに遅し。

まさかなぁ…重賞未勝利馬がNHKマイルC勝つなんて…。左回りなら走るってことなんですかね。
リエノテソーロは上手いこと乗ったなぁ、という印象アエロリットが直線でスパートを掛ける前にいち早く外からアエロリットに迫って一瞬の脚を使って先頭に立つアエロリットに取り付きました。アネモネSでは外を回して最後には脚が止まってしまったのと対照的な乗り方でしたね。
リエノテソーロは前走のアネモネS、直線で脚が止まっていたようだったので1600mは長いという評価でしたが、距離が持ちました。展開が向いたという感じはします。ダートならバリバリ走りそうですけど芝だと…どうなんでしょ。
ボンセルヴィーソも自分の競馬で粘り込みましたね。いつも通りの走りです。マイペースでいけましたし善戦マンというのは昨年の朝日杯から変わらずの評価、複勝一点でもおさえてなかったらハズレでした。
逆に展開が向かなくて惜しい競馬になってしまったのはレッドアンシェルでした。前を行く馬を捉えられず届かず四着、といえます。

結局ボンセルヴィーソの複勝だけが的中、払い戻し金320円