読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り2017:東京11R-京王杯SC

広告

このレースは、結果的に見ると雨がポイントだった、と個人的には思っています。
しかし、馬場が渋ると割り引きのサトノアラジンだけじゃなくて、トーセンデュークやキャンベルジュニアまでこんなに負けるとは思っていませんでした。

予想の結果:

1着:◎10番:レッドファルクス
 …
6着:△11番:トーキングドラム
 …
8着:○5番:トーセンデューク
9着:▲4番:サトノアラジン
11着:▲3番:キャンベルジュニア

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:10番:レッドファルクス=アタリ!
単勝:5番:トーセンデューク=ハズレ
複勝:11番:トーキングドラム=ハズレ
馬連:5-10、4-10、3-10、10-11、4-5=ハズレ
ワイド:4-5、5-11、4-11、3-11=ハズレ
三連複:流し
   5-10:3、4、11=ハズレ
三連単:10-5-4、10-5-3、10-5-11=ハズレ

振り返って

雨の東京競馬場、結構降っています。スタート前に思ったのは、サトノアラジン切ってよかったかな、と思うくらいの雨の降りだなぁ、ってとこです。

走行しているうちに、各馬一斉に揃ったスタート。

外のトーキングドラムが好スタートを切ります。押してキャンベルジュニア、ダッシングブレイズ辺りも前に行く姿が見えます。
レッドファルクスは中団待機、
ハナを切ったのはわずかに先頭に半馬身ほど出ているヒルノデイバロー、二番手にトーキングドラムも全く差がなくいきます。

これでもかってくらい揃ったスタートから馬群が一団となってレースが進んでいきます。先頭から最後方までの差がほとんどありません。

三コーナーから四コーナーに差し掛かっても一団となって居る馬群は全く状態が変わることなく、どの馬にもチャンスがあるほどの固まり具合です。

最後の直線に入っても、トーキングドラムがまだ前で粘っている、よし、そしてインからはトーセンデュークも前を狙って必死に追っています。

大外にはレッドファルクスの姿が見えます。レッドファルクスはその実力通りの走りで雨の東京の馬場をものともせず、一気に先頭に立ちました。
きっちり本命馬が勝つ、という競馬ですね。
しかしどっこい京王杯SCは近年荒れるレース、
二着三着に入ってくるのは、予想ではトーセンデュークやトーキングドラムだったはずなのですが…?

おや?

二着はどうやら馬場の真ん中から抜け出てきたクラレントのようで、三着にはグランシルク、両方とも切っちゃったよ。
クラレントは好位で競馬を進めたところで最後の直線では前も壁にならず、いい位置に出せましたね。

昨日の予想では、

予想2017:東京11R-京王杯SC - SpecialなWeekを目指す競馬日記

「予想から外れたけど、次点はグランシルクとクラレントです。」

とか言っていましたが、よりによって予想から外した二頭が二着三着に飛び込んでくるという競馬あるあるを実践してしまいました。

「グランシルクは安定して走るのが魅力、阪神Cは7着と掲示板を外したとはいえ勝ったシュウジとは0.3秒差と全く着順ほどの負けではないところに加え、持前の安定性に加えて東京1400m戦は二戦二勝と相性抜群のコース。元々重賞は二着三着の実績はありますしNHKマイルCで五着の実績もある実力馬です。」
とか言っています。そうですねぇ、雨で馬場が渋ったら能力半減のサトノアラジンをおさえている場合ではなかったということですねぇ。

いやぁ、まいったなぁ。
結局、的中はレッドファルクスの単勝10番のみ、払戻金500円
競馬って、これ多いですよね。

「迷いに迷った挙句、切った馬がレースで好走する、しかも穴馬」

自分に言い聞かせるように書いておきます。