読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

今週の気になる2017:オークスとミリッサ

広告

今週はいよいよオークスですね。枠順が発表されました。
POGの馬が出走している人にとっては今年のオークスは人気馬に付け入るスキがある、という点で楽しみなんじゃないでしょうか。
平場ではミリッサが出走してきます。個人的にはこちらも楽しみ。

樫の舞台、オークス

出馬表を眺めてみればいつの間にやら「三強」のような構図になって居る今年のオークス。私のPOG馬は一切出走しないので贔屓目ナシの予想ができそう(悲)です。

三強の三頭はもちろん前走桜花賞勝利のレーヌミノルと二着のリスグラシュー、そして一番人気で敗退したソウルスターリングの三頭です。
結局阪神JFから概ねこの三頭で決まっているような感じです。ただ、以前もちょっと書きましたがソウルスターリングは2400mはちょっと長いかなぁという印象があります。2000mまでの馬のように思えるんですよね。
もちろんチューリップ賞はミスパンテールが二着に入っていますし、フィリーズレビューは勝ったのはカラクレナイであってレーヌミノルではないんですが、阪神JFの一着~三着の馬がここでも中心視されるのは間違いないところだと思います。

当然ここに割って入る馬もいますね。その筆頭が「オークス馬はクイーンCから」という一つの狙い目、今年はアドマイヤミヤビです。
クイーンCはウメノファイバー、ダイワエルシエーロ、チューニー、といった勝ち馬からオークス馬を送り出しているレース、勝たなくてもアサヒライジングのように馬券になる馬もちらほらあるレースです。しかも一番人気でクイーンCを勝つというパターンは結構あるパターン、注目したいですね。

桜花賞組は前出の三頭以外に、桜花賞だけ目をつぶって度外視しておくと、ミスパンテールも巻き返しがあるかもしれません。何しろまだ底は見えていない何とも不気味な存在にみえます。まだ馬が若いので前走のようにフッとレースを辞めてしまうこともあるかもしれませんし、チューリップ賞のようにソウルスターリングに次ぐ走りを見せるような好走もあるかもしれません。走ってみないと分からないところがあると思いますね。

桜花賞とは別路線から来ているフローラSの馬たちも注目したいところです。
フローラSを勝ったのはモズカッチャン、12番人気の穴馬です。二着も10番人気のヤマカツグレース、これをどう見るかは意見が分かれるところですね。特にヤマカツグレースは2000mまでの馬のような感じがします。逆にフローラSで思ったような競馬ができなかった一番人気のホウオウパフュームの巻き返しがある可能性もあります。長いところならホウオウパフューム、というのも一つの穴になりそうです。
穴で面白そうなのがもう一頭、ディーパワンサです。
前走で14着と大敗、その前のフラワーCも六着と着外なのでまず人気は出ないと思います。フラワーCは久々で仕上がっていなかったでしょうし、この馬はサウスポーの感じがあります。左回りに良績がありますし、直線が長くて末脚が活きる東京コースはうってつけ、穴で狙って面白いかもしれません。(前走は目をつぶっておきましょう。)

この辺の大敗馬もそうですが、三着馬も忘れちゃいけませんね。フローレスマジックです。
フローレスマジックはその安定した走りが魅力ですね。アルテミスSでリスグラシューに0.1秒差の二着、クイーンCはアドマイヤミヤビに0.4秒差で三着、フローラS勝ったモズカッチャンとは全く差のない0.0秒差で三着、フローラS上位組を狙うとしたら、二番人気だったこの馬がよさそうにみえます。

500万下出走:ミリッサ

ミリッサが自己条件となる500万下に出走します。20日(土)京都6Rに鞍上福永JKで出走予定です。
もうすでにエルフィンS三着、チューリップ賞でも四着とオープンクラスでそれなりの相手にレースして好走している実績を持っている馬です。さすがに自己条件で無様な競馬はやるまい、と思っています。
しかもエルフィンSは後ろから行ってメンバー中最速の上がり33.9秒で三着に飛び込んできています。このときと同じ京都1600m戦で、かつ自己条件の相手関係ならここは確勝級とみてよさそうなものです。

おそらくダントツ人気しそうですが単勝一点で買ってみいいかもしれませんね。