SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り2018:東京11R-ユニコーンS

広告

これはヒドイ…。好走を期待した馬たちが次々着外に飛んでしまい、結局予想した馬の中で断然一番人気のルヴァンスレーヴだけが馬券になるという結果に。

予想の結果:

1着:○14番:ルヴァンスレーヴ
 …
9着:▲7番:グリム
10着:△3番:プロスパラスデイズ
13着:◎8番:ハーベストムーン
15着:×2番:タイセイアベニール(複勝一点)

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:8番:ハーベストムーン=ハズレ
複勝:2番:タイセイアベニール=ハズレ
馬連:8-14、7-8、7-14=ハズレ
ワイド:3-8、3-14、3-7=ハズレ
三連複:ボックス
    3、7、8、14=ハズレ
三連単:8-14-7、8-14-3、14-8-7、14-8-3=ハズレ

振り返って

枠入り順調、スタートしました。
ダンケシェーンが大きく出遅れ。

先行争いは三頭が並ぶ展開
そこからセイウンクールガイが前にでてハナに行くような展開になりました。

先頭集団にタイセイアベニールとグリムが並んでいます。その直後にはプロスパラスデイズの姿も見えます。
さらに、人気のルヴァンスレーヴはそのプロスパラスデイズの走っている一団の外目から徐々に前に進出していく姿が見えました。

レースは三コーナー四コーナーを経て最後の直線へ

ルヴァンスレーヴは大外に回す、この判断はよさそうに思えます。以前の快勝した東京ダート戦でもこんな感じの乗り方を見たことあるような。

粘るのは先頭セイウンクールガイ、まだ余裕があるような走りも、悠々と追い出し開始のルヴァンスレーヴが早め直線で先頭に立ちます。
圧勝ムードが漂う最後の直線中ほどで。これは強いなぁ。

二着は逃げ粘りかセイウンクールガイ。
と、思った矢先、インからエングローサーと外のグレートタイムが並んで飛んできました。
しかしこの二頭はルヴァンスレーヴの差を逆転するまでには及ばず連下までの争いのようです。
先頭ルヴァンスレーヴ、そのままセーフティーリードを保ち悠々とゴールイン、勝ったのはルヴァンスレーヴ。

二着には並んで差し脚を見せたエングローサーとグレートタイムが二着争い。

うーん。
これはちょっとヒドイ予想の結果に終わってしまいました。

まず、500万下からの昇級初戦の好走、というパターンはエングローサーの役目だったようです。ここはプロスパラスデイズの役目だと思っていましたが、どうやら役者を見誤ったようです。
さらに人気馬ルヴァンスレーヴの安定のレース、死角なんてなかったのね、というのと、二番人気のグリムが馬群に沈んでしまいました。ここも誤算。

そして、迷って切ったグレートタイム、対戦成績から考えて一枚落ちると踏んでいましたが、早計だったようです。きっちり連下までの好走に馬券となったのはグレートタイムだったという結果に。ちょっと考え方が甘かったよう。