SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り2018:京都11R-京都大賞典

広告

本命サトノダイヤモンドが見事な勝利。いやあやっぱうれしいですね。ここはシュヴァルグランよりもサトノダイヤモンドだと思っていたので、予想がハマって嬉しいです。

予想の結果:

1着:◎2番:サトノダイヤモンド
2着:△4番:レッドジェノヴァ
 …
4着:○8番:シュヴァルグラン
 …
8着:▲9番:スマートレイアー

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:2番:サトノダイヤモンド=アタリ!
馬連:2-4=アタリ!
   2-8、2-9、8-9、4-8=ハズレ
馬単:2-8=ハズレ
ワイド:4-9=ハズレ
三連複:ボックス
    2、4、8、9=ハズレ
三連単:2-8-9、2-8-4=ハズレ

振り返って

秋競馬に繋がる京都大賞典がスタートしました。
ハナに行くのはウインテンダネス、続くのはプラチナムバレットという先頭。果敢にウインテンダネスが行きます。
シュヴァルグランは先行集団直後にはサトノダイヤモンド、レッドジェノヴァの姿も近くに見えます。
有力馬の近くに位置取るレッドジェノヴァ。よさそうに思えます。

と、いう間に一コーナーから二コーナーに掛けてウインテンダネスが二番手以下を置き去りにどんどんリードを拡大していきます。大逃げの体勢になりました。向正面でかなりの差がついています。

そのままウインテンダネスの大逃げで進む、向正面の各馬。
こうしてレースは各馬三コーナーから四コーナーに差し掛かります。

三コーナー付近、ウインテンダネスが先頭も徐々に差が詰まってきます。
二番手にはスマートレイアー、直後にはプラチナムバレットと上がってきた外からシュヴァルグラン、そしてその外、大外にサトノダイヤモンド持ち出す格好で直線の入口へ向かいます。

レースは最後の直線へ

外からサトノダイヤモンド徐々にウインテンダネスとの差を詰めます。ムチが入る、追い出しを開始したサトノダイヤモンドがいち早く抜け出すとウインテンダネスをかわして先頭に立ちます。
シュヴァルグランは二番手集団でウインテンダネスと並びかけるも、なかなかウインテンダネスをかわせない、そうこうしている間に、後ろからは横一線で三頭の馬がシュヴァルグランに並び掛けてきました。その中にレッドジェノヴァの姿も見えます。
む、これは…。
シュヴァルグランが一杯になった(と思われる)ウインテンダネスをかわした直後、一気にその外にいたレッドジェノヴァがシュヴァルグランをかわして単独二番手に立ちました。さらにレッドジェノヴァと並走していた三頭の内の一頭アルバートも大外から伸びてきます。
レッドジェノヴァが抜け出して、インのシュヴァルグランとアルバートが三着争い、しかし、その三頭の前にいる先頭の馬はサトノダイヤモンドでした。
一着入線はサトノダイヤモンド。
見事にサトノダイヤモンド復活劇、これはうれしい。

そして二着にレッドジェノヴァ。
三着には…シュヴァルグランが来ると思ったんだけどなぁ~、アルバートが最後の最後ので並ぶ間もなくシュヴァルグランをかわして三番手入線。
シュヴァルグランはアルバートに及ばず四着となりました。

このレースはレッドジェノヴァがキーポイントでしたね。
他の馬がレース間隔が空いていたなかで順調に使っていた強みが出たように思えます。好走でしたね。
一方のシュヴァルグランは四着と敗れてしまいましたが、四コーナーで馬なりでスーッと上がっていくところで馬券圏内は外さないだろう、と思える走りだったのですが、最後の直線で今一つの伸びを欠く走りでした。
正直シュヴァルグランの目標はもっと先、休養明け初戦は取りこぼすシーンを何度も見ましたし、ジャパンカップや有馬記念をきっちり勝利するための仕上げに思えました。多少直線での伸びを欠いたのもまだまだ仕上がっていない点を踏まえて、次走や次々走への布石とみてよさそうに思えます。適距離は長めの2400m以上の距離で持ち味を発揮するタイプとみていますので、天皇賞秋よりはジャパンカップ、有馬記念だろうなぁ、と思います。

そしてサトノダイヤモンド、やりましたね。
往年の走りを彷彿とさせる直線でした。

的中は単勝2番:サトノダイヤモンド、230円
馬連2-4、1,730円