SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振返2019:中山11R-京成杯

広告

今日は今週の重賞の振り返り、月曜(祝)の開催となった京成杯。

結局このレースもハズレ、今週は重賞が全部ハズレとなってしまいました。

予想の結果:

2着:○5番:ランフォザローゼス
 …
4着:◎9番:シークレットラン
5着:△11番:リーガルメイン
 …
12着:▲12番:ダノンラスター

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:9番:シークレットラン=ハズレ
馬連:5-9、9-12、5-12、9-11=ハズレ
ワイド:9-11、5-11、11-12=ハズレ
三連複:ボックス
    5、9、11、12=ハズレ
三連単:9-5-12、9-5-11=ハズレ

振り返って

スタート
ちょっとリーガルメインが煽り気味、対照的に隣の大外のダノンラスターは好スタート

ハナに行くのは黄色の帽子カテドラル、外からラストドラフトも続きます。
ランフォザローゼスが三番手、シークレットランは直後四番手五番手くらいのところ

1000m通過が1分を超えるスローペースでレースが進みます。

各馬三コーナーから四コーナーへ差し掛かります。

ラストドラフトが三コーナーで仕掛けていく、カテドラルに並び掛けるべく押し上げていきます。ちょっと早めに仕掛けていきますね。スローペースを見切って早め先頭で押し切ろうという意図が見え隠れします。
ラストドラフトに連れてか、はたまた作戦か、同じようにランフォザローゼスもラストドラフトに並んで前に出るべく追走、馬体を併せていく、結局カテドラルも含めて三頭が並ぶ四コーナー付近、こうして先頭が四コーナーを曲がり切るときには三頭横並びの一直線。直後の二番手集団も横並びで先頭集団に馬が密集しているような感じになります。

最後の直線へ

先頭はラストドラフトが抜け出しました。
外からランフォザローゼスも伸びてきます。しかしラストドラフトがさらに伸びて突き放す、三番手にはヒンドゥタイムズが浮上、ラストドラフトが三コーナーくらいから押し上げて、先頭に立つとそのまま押し切ったようなレースで快勝しました。

うむむ…

予想では

「その切ったカテドラルですが、コレも前走大敗とはいえ上位を狙えそうな感じは醸し出していますね。中山コース替わりもプラスに見えます。でも前走があまりに負けすぎなんですよね。それで切ってしまいました。前走二桁着順に大敗の馬が京成杯で来るような傾向ってちょっと考えられない。カテドラルが来るようなら諦めよう。」

などと申しております。昨日の自分と会話するとしたら…、つまりこのレースは

「諦めておけ、ということになるんでしょうか。」

カテドラル狙った方、おめでとうございます、と祝福したい。
でも、三着のヒンドゥタイムズは個人的には狙えない、推せる要素が見当たらなかった。

厳しい週末でした。これといった的中が一鞍だけ。