SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

競馬雑学:時を超えるタラ・レバ:メイショウベルーガ

広告

ちょっと知ってるだけで玄人っぽい会話ができるようになる雑学。

今日は勝負事に禁物と言われる、タラ・レバの話。
弥生賞で勝利したメイショウテンゲンの母メイショウベルーガです。

メイショウベルーガ

クラシックには縁がなかったものの、古馬になってから成長したメイショウベルーガ。
降級後準オープンクラスを勝ち切れず、1000万下にさらに降級した次期もありましたが、1000万下を勝ち上がるとほどなく準オープンクラスを昇級二走目で勝利、再度オープンクラスに昇級した初戦がエリザベス女王杯というGIでした。
鞍上にはデビュー戦や初勝利を挙げたときの鞍上池添JKを迎えて挑むエリザベス女王杯。
このエリザベス女王杯で五着好走後、池添JKを背に愛知杯三着で年が明け、日経新春杯勝利や阪神大賞典三着と好走します。ヤネが乗り替わった天皇賞春は大きく負けたものの宝塚記念では後に凱旋門賞で二着するナカヤマフェスタ相手に0.5秒差の競馬で力を見せるレース振りでした。
その年は再び鞍上が池添JKに手が戻り秋に京都大賞典を勝利しエリザベス女王杯二着など、結果的に見れば
「京都強かったってことなのかな?」と思わせる走り。
翌年も始動戦は京都記念を五番人気の低評価でも上がり三ハロンメンバー中最速の脚を繰り出して勝ったトゥザグローリーから0.1秒差の二着に好走。
やっぱ京都は走るな、と思わせる快走で一躍天皇賞春の有力候補の一角に。

しかし、この京都記念の後、天皇賞春に向けて調整をしていたメイショウベルーガは脚部不安で休養、予定していた天皇賞春を回避することになります。

ぶっつけ天皇賞秋、だが…

脚部不安からの休養明けで挑んだのはぶっつけの天皇賞秋、ここでメイショウベルーガは名馬が散った府中の三コーナーから四コーナーに掛けての位置で右前繋靱帯不全断裂を発症、競走を中止することになります。
この時、同じ三コーナーから四コーナーへ掛けてのレースで競争中止し予後不良となった名馬サイレンススズカの時の衝撃がなんとなくフラッシュバックしていました。

この後、中1週で毎年好走の舞台であるエリザベス女王杯へ進める予定だったメイショウベルーガはこのケガによって予後不良も心配されましたが、何とか予後不良とならず命は助かりました。
レース後に鞍上の池添JKも涙ぐんで助かってよかったという趣旨のコメントを出しています。

こうして競走生活を終えたメイショウベルーガは引退し繁殖に上がりました。

三頭目の産駒で重賞初制覇

その後繁殖に上がったメイショウベルーガはディープインパクト産駒の葦毛メイショウテンゲンを2019年のクラシックに送り出してくれました。
未勝利の脱出に時間はかかったものの、どのレースも僅差の競馬、未勝利脱出は時間の問題の様に見えていました。
デビュー戦は母メイショウベルーガと同じく池添JKが手綱を取ります。初勝利こそ乗り替わり松山JKで初勝利(未勝利戦)でしたが、続くきさらぎ賞は再び鞍上池添JKで重賞の壁に挑み、五着とマズマズの結果となりました。

そして、先週の弥生賞、鞍上に母と同じ主戦騎手池添謙一JKを背に、馬場も味方につけてメイショウテンゲンは力強く直線を抜け出して皐月賞トライアルである弥生賞を勝利しました。

その弥生賞は、メイショウベルーガは産駒にその力を伝え、同じ池添JKを背に見事に重賞馬を輩出した瞬間でした。

時を超えたタラレバで楽しむ

この、時を超えた世代間を見る楽しみ方も競馬の楽しみ方の一つです。
もし天皇賞秋で池添JKの判断が遅れていたら、メイショウベルーガは助からなかったかもしれない、メイショウベルーガが助かったからこそ今年の弥生賞のメイショウテンゲンの勝利があったわけです。

そして、母と同じ主戦騎手となる池添JKが時を超えて、競走中止した天皇賞秋のメイショウベルーガの続きをその仔メイショウテンゲンで紡ぐ親子の競馬。

こういう母仔の血の繋がりと人間との関係性というのも、競馬の楽しみ方の一つです。