SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

今週の気になる2019:皐月賞、アーリントンカップ、アンタレスS

広告

今週は皐月賞が開催、牡馬クラシックもここからスタートです。
しかし先週と違ってやっぱPOG馬のクラシック出走は格別です。

平場では、日曜中山6Rの500万下にアメリカンツイストが鞍上松岡Jkで、阪神6Rでは今年のPOG馬タンタラスが鞍上荻野極JKでそれぞれ出走予定。
しかし、平場よりやっぱり皐月賞のPOG馬出走が気になります。

皐月賞

いよいよ牡馬クラシック第一弾皐月賞、POG馬がクラシックに一番人気必至の状況で参戦です。気になるなってほうがムリがあるってものです。

その名はサートゥルナーリア、もちろん一番人気でしょうって状況での出走。
POG馬サートゥルナーリアがいよいよ皐月賞に挑みます。ぶっつけですが先週のグランアレグリアがぶっつけ桜花賞で勝利したように、しっかり仕上がっていれば前哨戦を使っていないことは必ずしもマイナスにはならないって最近の競馬。
さらにホープフルSでは底の見えない余裕の走りで圧勝しています。ちょっと力は抜けているんじゃないかなぁと。POG馬という贔屓目抜きにしてもそう思います。

次点には共同通信杯勝利のダノンキングリー
このレースは強かったですね。三連勝で皐月賞出走を決めました。無敗の三連勝はサートゥルナーリアと同様ですし。能力的にも引けを取らない素質馬。ここの二強対決ってのが今年の皐月賞のような気がします。
もう一頭の世代のトップだったアドマイヤマーズが前哨戦で土が付いてしまったのもあって、ダノンキングリーがサートゥルナーリアに続く二番手として急浮上してきそうな感じがしています。
ただ、アドマイヤマーズの前走、共同通信杯の負けはあくまでハナを切る競馬になってしまったから、と言う気がしてなりません。結局少頭数の七頭立てで押し出されてレースを引っ張る形になって、他馬の目標とされてしまう競馬になったことに敗因があるとしたら、ここは再度見直してダノンキングリーと逆転はあってもおかしくないんじゃないか、と、そんな感じもします。つまりアドマイヤマーズも軽視禁物ってことですね。

そんなこと言ったら、去年のキタノコマンドール同様すみれS勝利からここ挑戦のサトノルークスも怖いところはあるし、人気の一角になるだろうファンタジストも内枠に入ったおかげでギリギリ距離はこなせそうな感じはします。
毎日杯勝利のランスオブプラーナは急成長したように見えますし、ホープフルS二着からすみれS二着のジャスタウェイ産駒アドマイヤジャスタも中距離走りそう、オープンクラスで二連勝中のヴェロックスに、弥生賞を一叩きして良化しそうなニシノデイジーもいます。例年人気するはずの弥生賞上位入線組が穴馬扱いされてしまうほど今年は層が厚くなりそうですね。

とかく個人的にはPOG馬サートゥルナーリアの走りが気になる今年の皐月賞です。

アーリントンC

コッチの三歳馬の争いも結構面白そうなメンバーになりました。NHKマイルCに向けてマイラーの争いも将来性を感じさせるメンバーが多数出走しているアーリントンCです。

人気しそうなのは二戦二勝でシンザン記念を勝利したヴァルディゼールですね。現在無敗の重賞馬として休養明け初戦としてもいきなり勝負できそうです。重賞連勝というのもありそうなロードカナロア産駒。
次いで人気しそうなのが重賞戦線で好勝負し、そのたびに人気を集めているヴァンドギャルド、オッズから配当妙味はなさそうですが、手堅く行くならここも外せない気がします。
あとはフォッサマグナですね。共同通信杯四着で土が付いたものの、新馬戦での勝利は重賞戦線を賑わせているランスオブプラーナを0.4秒差付けての快勝、そのランスオブプラーナはきさらぎ賞三着好走から毎日杯勝利でとうとう皐月賞の人気の一角にまで成長しました。そのランスオブプラーナを0.4秒差で新馬戦勝利したフォッサマグナは目が離せない一頭です。前走の500万下も超が付く良血馬タニノミッションを0.4秒差下しての勝利、実力は重賞級と見て良さそうに思えます。

なんだかんだでシンザン記念やきさらぎ賞で好走した馬が中心になると思いますが、個人的に注目しているのは特別登録時点で(出走するかどうかは分からないけど)まだ見ぬ強豪、ジゴロとサンノゼテソーロも気になっています。いずれも一戦一勝とキャリアが浅いのですが、ジゴロは新馬戦を二着馬に0.8秒差付けての圧勝、サンノゼテソーロも未勝利戦が初出走だったのですが二着に0.6秒差を付けての圧勝と、いずれも強い勝ち方、ヴァルディゼールは揺るがないにしても勝ちきれないヴァンドギャルドと逆転するくらいなら、と期待してしまいます。
枠順の決定が気になるところです。

アンタレスS

ダート中距離戦の重賞アンタレスSはなかなか近走好走の馬が出走してきました。
人気はやはり前走交流重賞勝利のグリムでしょうか。ルヴァンスレーヴと同期のダートの実力者。去年の春にルヴァンスレーヴに負けてからは堅実な成績をおさめています。
もう一頭の実力者は、去年のチャンピオンズCであっと驚くインからの追い込みで、二着に飛び込んできたウェスタールンド。うーん、オープンクラスに昇級してからというもの、穴での好走しかないとはいえ、ここも侮りがたい所があります。鉄砲実績[2-0-1-2]もあるし。
前走こそ案外なレース内容でしたが、前走だけで見限れないテーオーエナジーも要注意ですね。前走は行きっぷりが悪かったような感じを受けましたけど今回はどうでしょうか。頑張って欲しい。
人気が全然なかったもののマーチS二着で力のあるところを見せつけたロンドンタウンもいます。GIのコリアCを連覇した実力は本物でした。鉄砲より叩き二走目のほうが良いイメージがありますので、ここは走りごろ、同じマーチS三着馬リーゼントロック共々警戒しておきたいですね。