SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

今週の気になる2019:神戸新聞杯、オールカマー

広告

今週は菊花賞トライアル神戸新聞杯、秋の国際レースオールカマーの重賞二鞍。
神戸新聞杯にいよいよPOG馬サートゥルナーリアが出走してきます。楽しみ。

平場では、土曜中山4R1勝クラスにアメリカンツイストが鞍上武士沢JKで出走予定、同日阪神2Rでは2歳未勝利戦にPOG馬ローヌグレイシアが鞍上川田JKで出走予定、阪神10Rにタンタラスが鞍上川田JKで出走予定、メインの11R準オープンクラスの大阪スポーツ杯にアンティノウスが鞍上川又JKで出走予定と楽しみな出走。
日曜には阪神7R1勝クラスに鞍上川田JKでソシアルクラブが出走、阪神10R西宮Sにカフジバンガードが鞍上幸JKで出走予定、となっています。

この中ではPOG馬なので当然ですがローヌグレイシアに注目しています。
前走新馬戦は出遅れがすべて、後半巻き返して良く伸びてきたものの、やっぱり重馬場が合わなかったという見方もできそうです。あのレース振りを見る限り、スタートさえ五分なら勝ち負けできそうと見ています。
サトノワルキューレ全妹のシャドウブロッサムやメイショウテンゲン妹のメイショウミモザあたりは強敵になりそうで、相手関係はそれほど楽ではありませんがココで未勝利突破を期待しています。

神戸新聞杯

いよいよPOG馬サートゥルナーリアが秋始動戦となります。今週はこれが楽しみ。
しかしGI級の実力を持ったヴェロックスもココ出走、重賞未勝利なのが信じられないくらいの実力馬なので、この二頭のマッチレース的なゴール前になるんじゃないかと。
思い出すのはスペシャルウィークとキングヘイローでたたき合いになった京都新聞杯、あのレースはアツかったなぁと思いながら、今回の神戸新聞杯がサートゥルナーリアとヴェロックスの二頭の競り合いになるのではないかと勝手に考えている週中の現状。

三番手もワールドプレミアかレッドジェニアルで手堅くなるレースかなぁ、と。
若葉Sで二着後休養でココ出走のワールドプレミアは、ヴェロックスに次ぐ二着も0.5秒差、春からどれくらい成長しているか試されるようなレースになりそうです。
一方レッドジェニアルは京都新聞杯勝ちがある重賞馬、ワールドプレミア同様いずれも二勝馬ですが、ダービー馬ロジャーバローズとクビ差の接戦で京都新聞杯を勝利したレッドジェニアルとワールドプレミアは甲乙付けがたいところはあります。
ここに続くとしても若葉Sで三着のシフルマンや古馬相手の2勝クラスで勝利したユニコーンライオンくらい、特別登録の時点で少頭数となった神戸新聞杯はそれほど荒れないかなと思えるレースに見えてきました。

■オールカマー

海外GI制覇のウインブライトの凱旋帰国といえる復帰初戦がオールカマーです。春は不本意な成績に終わったレイデオロとの激突になりそうなオールカマー。
ここに三番手として続くのがどの馬になるか、というレースになりそうなのが今年のオールカマーの予想になりそうです。
ウインブライトは香港クイーンエリザベス2世Cを勝利して海外でGI馬になりました。今年のGⅢ金杯を勝利してからGⅡ中山記念とステップアップしての勝利、上昇ムードで今年の秋の飛躍が期待されています。
一方のレイデオロは去年の有馬記念までは完璧な競馬を続けてきましたが、今年のドバイ・シーマ・クラシックで掲示板を外す競馬、これはレースが向かなかった(自分の競馬じゃなかった)ような内容でしたが宝塚記念で五着、この馬にしては不本意な成績で秋を迎えています。この辺りウインブライトの充実度と比べるとちょっと低調ムードに思えます。

三番手に続いてきそうなのが前走七夕賞勝利のミッキースワロー、昨年のジャパンカップでレコードが出たレースで五着馬の強さを夏の重賞で発揮、快勝でした。ただこのレース二着のクレッシェンドラヴも出走してきており、崩れることもあるミッキースワローvs堅実に走るクレッシェンドラヴの二頭で三番手は迷うことになりそうです。
あとは平坦小回りで良積を残してきているスティッフェリオも小回り中山コースなら警戒しておこうかなと思う一頭。でもこれじゃ上位人気ばっかりだな、と。穴馬を探すのは難しそうな今年のオールカマーの予想です。