SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2020:中山11R-フェアリーS

広告

変則開催となる月曜中山メインレース。
フェアリーSは伏兵が飛んでくる印象のレース、今年は思い切って穴から狙ってみます。

予想:

◎9番:ウインドラブリーナ
○8番:チェーンオブラブ
▲10番:シャインガーネット
△11番:アヌラーダプラ

馬券は:

単勝:9番:ウインドラブリーナ
複勝:9番:ウインドラブリーナ
馬連:8-9
枠連:4-5、4-6、5-6、3-5、5-7
ワイド:9-10、9-11、8-10、8-11、8-9
三連複:ボックス
    8、9、10、11

考えたこと:

一昨年は二着が抜けた一着三着、去年はその二着だけが予想馬であとは抜ける…。
去年の予想:予想2019:中山11R-フェアリーS - SpecialなWeekを目指す競馬日記
去年の結果:振返2019:中山11R-フェアリーS - SpecialなWeekを目指す競馬日記

例年なんかちょっと不足していて抜けるような感じの結果。今年も難しそう。

普通に考えれば二戦二勝無敗の二頭アヌラーダプラとシャインガーネット、鞍上もルメールJKとマーフィーJKと申し分ない鞍上です。
前日オッズも抜けた一番人気がアヌラーダプラ、続くのがシャインガーネット、三番人気にはスマイルカナとダイワクンナナが競っているような感じ。
母ダイワスカーレットという超良血もあって一戦一勝で人気しているダイワクンナナはさておき、スマイルカナも二勝馬、赤松賞は着外に敗れましたがきっちり次走の1勝クラスは勝ち切ってのココ出走。

赤松賞出走馬がチラホラ目に付くここだと、赤松賞勝利のシャインガーネットとの勝負付けは済んでおり、シャインガーネットとアヌラーダプラの二頭が抜けた評価を受けるというのはまず分かる話です。

しかし、フェアリーSって意外と穴の一発の印象が強く、このレースから桜花賞やオークスには繋がってこないイメージがあって、思いもよらない馬同士での決着が多いような気が。
そうなると、気になっているのはポレンティア、ペコリーノロマーノ、チェーンオブラブ、ウインドラブリーナ、カインドリーあたり。

思い切って、穴のウインドラブリーナを本命にしてみることにしました。
本命はウインドラブリーナ
未勝利勝ち直後の出走ですが、これまでも新馬勝ち直後や未勝利勝ち直後の馬が好走している実績はあり、フェアリーSに関してはあまり気にしなくてもイイかなと考えています。
新馬戦はレシステンシアに0.8秒差で五着という成績に終わりましたが、このレースで二着以下に負けた馬が何頭も未勝利勝ちを収めており、レベルの高かったことをうかがわせる新馬戦でした。
ジャングルポケット産駒の牝馬に穴の一発を期待。

対抗はチェーンオブラブ
前走赤松賞四着で評価を落としており、この馬もマズマズの穴目です。
ただその赤松賞は不利があっての四着なので評価、シャインガーネットに0.1秒差という結果にはそれほど差を感じないところはあります。二着以下がクビ差で三頭がひしめき合う接戦だったこともあって、不利込みで考えると0.1秒差をひっくり返して逆転もありそうな実力を秘めていそう。
新馬戦でペコリーノロマーノに負けたものの未勝利戦はきっちり勝ち上がっており、シャインガーネットと僅差の競馬をした前走を含めて評価できそうです。

ここに三番手評価として人気のシャインガーネット、おさえに一番人気アヌラーダプラを連下候補として入れます。

ペコリーノロマーノも気になるので、今回は枠連中心で、チェーンオブラブと同枠のペコリーノロマーノの4枠に、本命のウインドラブリーナと人気馬シャインガーネットと同枠の5枠が中心。
あと、ポレンティアとカインドリーも気になったので、枠連で本命のウインドラブリーナと人気のシャインガーネットが入っている5枠から流しでおさえ。