SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振返2020:京都11R-きさらぎ賞

広告

今週会心の本命◎コルテジア勝利。これは嬉しい。
しかしヒモが…、なんとかならんかったもんでしょうかしら。

予想の結果:

1着:◎1番:コルテジア
 …
3着:○8番:アルジャンナ
4着:△4番:ギベルティ
 …
8着:▲5番:グランレイ

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:1番:コルテジア=アタリ!
複勝:1番:コルテジア=アタリ!
馬連:1-8、1-5、5-8=ハズレ
馬単:1-8=ハズレ
ワイド:1-8=アタリ!
    1-5、1-4=ハズレ
三連複:ボックス
    1、4、5、8=ハズレ
三連単:1-8-5、1-8-4、8-1-5、8-1-4=ハズレ

振り返って

スタートは各馬揃ったスタート、本命のコルテジアが好スタートで良い感じ、ギベルティも悪くないスタートです。前の方に付けていくような格好。
ストーンリッジも前に進出、アルジャンナは控えて後方に。

ハナに行くのはギベルティ、リードを拡げていきます。
予想に反して控えた二番手にコルテジア、外からストーンリッジ、並んでいるなぁと思ったらストーンリッジが前に出てコルテジアは三番手に下がるような格好になりました。
レースを引っ張るのはギベルティ、続く単独二番手にストーンリッジ、コルテジアが続いて、直後グランレイ、アルジャンナと続いて行きます。

アルジャンナは中団待機、絶好の位置取りには見えます。

各馬三コーナーから四コーナーに差し掛かります。

ギベルティがレースを引っ張るペースは62.0秒、遅い。

ストーンリッジが差を詰めて二番手からギベルティに並び掛けていくような位置取りに変わっていました。スローを見越してか四コーナーに入る前に先頭に並び掛けようとしているのかな?と思いました。
そして四コーナーに向かって二頭が馬体を併せるかどうか、というところを、突如外に持ち出すコルテジア。
ん?最内枠だけどインからじゃない?どうやら四コーナーで外に持ち出すような気配が見えます。
人気のアルジャンナはここでは動きはなく、そのまま中団待機。

最後の直線へ

先頭はギベルティ、しかし外からストーンリッジに先頭が変わります。
さらに外にはコルテジア、コルテジアがストーンリッジと馬体を併せる。

おお。コルテジア。

ここでもう盛り上がってきました。これ、ブービー人気のコルテジアが一発あるところまで来ています。あともう少しなんです。

コルテジア…。

よくよく考えると、今の京都は外差しの馬場、ということは四コーナーで外に持ち出してストーンリッジに外から併せているコルテジアのほうが分があるはず。頑張れコルテジア。

と思ったところで、最後の最後にコルテジアがストーンリッジをかわして先頭、そのままゴールイン。
もうこの際、二着はアルジャンナやギベルティじゃなくて予想から外したストーンリッジだったとしても、もう良しとしちゃおう、本命コルテジア万歳。

ギベルティが逃げてスローに落としたレース展開、前が止まらず後続がお終いの足を駆使しても届かない競馬になっていました。スローでヨーイドンというわけでもなく、純粋にスローで前残りの展開になりましたね。
二着のストーンリッジも最後は脚が止まっていないレース振り、一戦一勝馬だから切っちゃったという予想側の問題ではありますが、能力は高いように思えた走りでした。今後も楽しみですね。

断然人気のアルジャンナはやっぱ展開だろうという見方をしています。いくら外差しが決まる馬場とはいえ、前半がスローすぎましたし、上がり三ハロンのタイムメンバー中最速の脚を使っても前二頭には届かないような競馬だったことを考えると、道中でもうちょっとプレッシャーを掛けていかないと勝ち切れないレース内容だったんじゃないかなぁと。
能力はあるはずだから、今後も人気しそうな感じがします。

的中は
単勝:1番:コルテジアが的中、2,980円
複勝:1番:コルテジアが的中、310円
ワイド:1-8が的中、590円

コルテジアのおかげで、今年のきさらぎ賞はちょっと格別な気分になれました。