SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2020:中山11R-千葉S

広告

人気しそうな二頭から穴の二頭への流し。
人気二頭の取捨を迷いましたが、実績を考慮。

予想:

◎12番:シュウジ
○3番:レッドアネラ
▲14番:リュウノユキナ
△13番:エレクトロポップ

馬券は:

単勝:12番:シュウジ
複勝:14番:リュウノユキナ
複勝:13番:エレクトロポップ
馬連:3-12
枠連:6-7、2-7
馬単:12-3
ワイド:12-14、3-14、12-13、3-13、13-14
三連複:ボックス
    3、12、13、14
三連単:12-3-14、12-3-13

考えたこと:

本命はシュウジ
前走はお終いよく伸びたものの上位二頭には及ばずの三着でした。
しかし、斤量は59キロとメンバー中でもかなりの斤量を背負っての走り、斤量差で最後の決め手の差が出たという考え方もできます。
今回はハンデ戦ということもあって、前走から1.5キロ減となる57.5キロでの出走になります。カペラS三着からジャニュアリーS三着とダート短距離では好走が続いていますし、斤量も軽くなったここであれば勝利も十分ありそうです。

対抗はレッドアネラ
前走は積極的にレースを進めたものの、最後の直線には言ってから残り少しのところで踏ん張れず五着、後続のヨシオやハットラブにかわされてしまいました。
とはいえ、今回はハンデ戦になり前走からさらに斤量が-1キロとなる斤量53キロはかなり恵まれたんじゃないかなと。
本当は、レッドアネラを最初は本命にしていたのですが、シュウジを本命にして対抗評価にレッドアネラを落としました。
なんだかんだでカペラSもジャニュアリーSもシュウジが先着(レッドアネラはカペラS四着)していますし、前走ルメールJKであの走りだったのが今回鞍上西村(淳)JKに乗り替わりでちょっと自信がなくなっているというのもあって評価を逆にしちゃいました。
でも、前走や前々走より内枠となる2枠3番と格好の枠だし、絡んでくる可能性があるのはジャスティン一頭だけだし、展開的にはレッドアネラはかなり勝負のレースになるんじゃないかなぁと思えるレースです。

三番手評価にはリュウノユキナ
前走で準オープンクラス勝利、今回が昇級初戦となります。
とはいえ2歳戦ではオープンクラス勝利や実績馬アンヴァル相手の二着もあるし、結果は出なかったけど3歳で重賞を走っていたような馬、近走それほど大崩れもしないし鞍上も引き続き善臣JKですし連下としては面白そうな存在。
前走勝利の勢いに乗ってここも好走を期待したいと思います。

穴のおさえにエレクトロポップ
過去に何度か狙って失敗しているものの、今回は休養明けで鉄砲実績[0-0-1-3]から考えても近走の成績から考えても人気にならないだろう点に魅力。
鞍上は乗り替わり田辺JKと中山でなら心強い乗り替わり、そもそも左回り専用のイメージがあって戦歴のほとんどが左回りの東京コースを中心にレースを使っていますが、結果が出ていない現状で右回りの中山コースで一発狙い。
左回り専用だと思っていたら…、の三着ヒモ荒れ狙いをエレクトロポップで狙ってみます。
リュウノユキナと同じ枠というのも動機の一つ。