SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2022:5月7日<橘S/メトロポリタンS/鞍馬S>

広告

日曜日開催のオープン特別三鞍のレース予想をまとめて。

中京10R-橘S

予想:

◎7番:デヴィルズマーブル
○5番:ケイアイオメガ
▲3番:ゼットレヨン
△6番:カイハオン

馬券は:

単勝:7番:デヴィルズマーブル
複勝:6番:カイハオン
馬連:5-7、3-7、3-5
馬単:7-5
ワイド:6-7、5-6、3-6
三連複:ボックス
    3、5、6、7
三連単:7-5-3、7-5-6

考えたこと:

去年は二着・四着と残念。
去年の予想:予想2021:5月9日<橘S/ブリリアントS/鞍馬S> - SpecialなWeekを目指す競馬日記
去年の結果:振返2021:5月9日<橘S/ブリリアントS/鞍馬S> - SpecialなWeekを目指す競馬日記

10頭立てですが逃げの手に出そうなタイプが内枠にカジュフェイスとジャスパークローネの二頭、加えて前走1勝クラスを逃げ切ったコムストックロードもいて前に行くタイプは多そう。
本命は前走ファルコンSで四着だったデヴィルズマーブルにしました。
重賞実績はこの中では上位、三着馬オタルエバーにクビ差の接戦で五着トウシンマカオに一馬身以上差を付けているという点も力を感じます。中京1400m戦はファルコンS以外にも未勝利戦で勝利がある舞台でコース実績としても他馬より一枚上手。

対抗はケイアイオメガにしました。
二戦二勝の無敗馬、デビュー戦こそダート1400m戦でしたが1勝クラスでは芝をこなして快勝、無敗の三連勝までありそうな一頭。ここも期待。

三番手評価にはゼットレヨンを。
かささぎ賞を勝利した点を評価しました。先のケイアイオメガが勝利した1勝クラスの二着馬ドグマが一番人気でかささぎ賞に出走しており、ドグマ0.2秒差のケイアイオメガに対して、ゼットレヨンは後続を(二着馬とハナ差だったけど三着以下を)三馬身ちぎった実力馬、ドグマは四番手以降の接戦の馬群にいました。
ケイアイオメガを超えて一発までありそう。

穴のおさえにはカイハオンを。
ウインマーベルやウナギノボリも気になりますが、ここはカイハオン。
デビュー戦の勝利から二勝目が遠い状況ですがフローラルウォーク賞は道中でやや折り合いを欠いていたような格好でお終いが甘くなった模様。それでもメンバー中二位の上がりの脚は使えており、前残りの展開のなかでも一気に上がってきています。道中の折り合いと展開一つで。

東京10R-メトロポリタンS

予想:

◎9番:ヴァイスメテオール
○6番:フライライクバード
▲4番:ゴールドギア
△1番:グレンガリー

馬券は:

単勝:9番:ヴァイスメテオール
複勝:1番:グレンガリー
馬連:6-9、4-9、4-6
馬単:9-6、9-4
ワイド:1-9、1-6、1-4
三連複:ボックス
    1、4、6、9
三連単:9-6-4、9-6-1

考えたこと:

去年は残念二着・四着。
去年の予想:予想2021:5月8日<メトロポリタンS/プリンシパルS/谷川岳S> - SpecialなWeekを目指す競馬日記
去年の結果:振返2021:5月8日<メトロポリタンS/プリンシパルS/谷川岳S> - SpecialなWeekを目指す競馬日記

去年の勝ち馬ゴールドギアが出走、近走が今一つで人気も今一つのような気がします。狙い目かなと思いましたが、本命はヴァイスメテオールにしました。
ヴァイスメテオールは年明け初戦の小倉大賞典を四着、取りこぼしたような格好です。裏の新潟大賞典でなくコチラを使ってきたと言うことに期待値が上がっています。ここでこのメンバーなら。

対抗はフライライクバードを。
ちょっとここでは外せない一頭。アルゼンチン共和国杯三着の実績が光っています。青葉賞で人気したときに負けたオーソリティに再度負けてしまったのは気になりますが、青葉賞敗退時よりタイムは詰めています。左回りも中京の良積からよさそう。人気でも。

三番手評価にはゴールドギアを。
去年の勝ち馬。そこから複勝圏に絡めていませんが要警戒とみています。東京コースもこの馬にとっては良さそうに思える成績ですし、目黒記念を二年連続五着しているのもコース実績あればこそのような気が。二年連続もありそう。

穴のおさえにはグレンガリーを。
10頭立てなのでそれほど荒れる要素もないと思いますが、1枠1番の好枠で開幕週の馬場を味方に付けての粘り込みに期待。ハナに行くタイプが見当たらず、前走や前々走のように先手を奪って前々で粘り込めれば面白いと思いました。

中京11R-鞍馬S

予想:

◎16番:ダディーズビビッド
○1番:グルーヴィット
▲3番:キャプテンドレイク
△15番:ビップウインク

馬券は:

単勝:16番:ダディーズビビッド
複勝:15番:ビップウインク
馬連:1-16、3-16、1-3
馬単:16-1、16-3
ワイド:15-16、1-15、3-15
三連複:ボックス
    1、3、15、16
三連単:16-1-3、16-1-15

考えたこと:

去年は本命の単勝のみ的中出来たレース。
去年の予想:予想2021:5月9日<橘S/ブリリアントS/鞍馬S> - SpecialなWeekを目指す競馬日記
去年の結果:振返2021:5月9日<橘S/ブリリアントS/鞍馬S> - SpecialなWeekを目指す競馬日記

対抗にしたケープコッドが五着敗退で残念でした。今年も出走ですが、ちょっと中京巧者が気になるためケープコッドまで手が回らないレースです。

本命はダディーズビビッドを。
中高の短距離オープン特別では結果を出しているダディーズビビッドで勝負。去年の橘S勝利もあるし三走前に淀短距離Sの二着もあってここはコース条件が合っていそう。重賞でも以前は通用しなかったのが前走オーシャンSで勝ち馬に0.2秒差四着、力を付けてきています。

対抗はグルーヴィットを。
1枠1番で包まれないか心配ですが乗り替わり幸JKで何とか上手く持ち出して欲しい。二走前に淀短距離S四着、オープン特別なら地力を信頼。

三番手評価にはキャプテンドレイクを。
中京実績今一つのような気がしますが三連勝の勢いに期待してこの評価を。1200mの条件戦を三連勝でいずれも差し切っての勝利。ハナ差やクビ差とギリギリのようなレース振りですが勝ち切れるあたりここで一発があっても。

穴のおさえにはビップウインクを。
前走昇級初戦を重賞で大敗、ですが全四勝の内中京コースが三勝というコース巧者、二着や三着も多く、勝ち切れないまでも連下があれば。複勝とワイドで。