SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

今週の気になる2022:関屋記念、小倉記念

広告

今週から再び小倉開催が復活、サマー2000の小倉記念が開催されます。新潟ではサマーマイルの一戦関屋記念。

平場では、土曜新潟10R新発田城特別にベッラノーヴァが鞍上ルメールJKで出走予定。
フェアリーS三着から人気ほど結果を残せないレースが続いていましたが、前走で1勝クラスを勝ち上がり、昇級初戦ですが前走と同じルメールJKを確保できたのは大きいような気がします。

関屋記念

イルーシヴパンサーとダノンザキッドという前走安田記念掲示板争いからの出走馬が人気を集めそうな今年の関屋記念です。
今年の安田記念はかなり差の無い競馬で0.2秒差以内に八頭、0.3秒差まで入れると11頭がひしめき合ったかなりの混戦でした。上がり三ハロンメンバー中最速の脚で後方から一気に飛んで来たイルーシヴパンサーは32.6秒の末脚は使っているものの、さすがに後ろ過ぎて届く位置取りではなかったように思えます。
展開に恵まれなかったといえそうですが、逆に展開が向かなければ自身の末脚を活かしたレースをしても前をとらえきれないということにもなります。
そういった意味では、安田記念で二番手から直線あわやと踏ん張っていたダノンザキッドのほうが期待値は高いかもしれません。逃げ馬がハナを主張してレースを引っ張った展開に番手で付いていき、同日1勝クラスよりも遅い前半1000m58.7秒というスロー、内枠で先行し四着馬とクビ差、ハナ差で並んだ六着なら評価はできそうです。イルーシヴパンサーより展開に左右されないのも魅力。

四歳馬が人気の中心になりそうな今年の関屋記念で、三連勝でオープンクラス昇級もそこから9ヶ月の休養で長期休養明け初戦となるゴールデンシロップも注目されそうな存在。

他にも今週から復帰のルメールJKのヤネで挑むスカイグルーヴとか長期休養明け初戦となるピースワンパラディも気になりますし、新潟マイル戦谷川岳Sを勝利して前走サマーマイル初戦の米子Sで二連勝を決めているウインカーネリアンも気になる存在。特にウインカーネリアンはここを勝利するとサマーマイルチャンピオンに近づきます。かなり有力。

小倉記念

去年は雨が降った影響か外差しでの決着でした。天気予報では週末に掛けて雨もありそうで、今年も馬場が気になるレースです。
あと、去年からサマーマイル二戦目の中京記念が小倉1800mのレースになっていることから、中京記念の出走馬がサマーマイル三戦目の関屋記念でなくサマー2000の小倉記念に出走してきているのが気になる変化。前走中京記念からの出走は二着のカテドラルを始めとしてカデナ、スーパーフェザー、アーデントリー、ダブルシャープといった面々。特に中京記念で狙ったスーパーフェザーとダブルシャープの二頭は去年の小倉記念でもアタマ差で三着と四着と二頭で複勝圏争いを見せています。前走の大敗で無警戒となるならこの二頭は気になるところです。

手堅いところだと、今年は前走重賞二着から出走してくる馬が人気を集めそうです。
中京記念二着のカテドラルに、前走鳴尾記念二着のジェラルディーナ、前走マーメイドS二着のマリアエレーナという三頭、ここに三歳馬ピースオブエイトが加わって上位人気を形成しそう。
この中だと、やっぱり今まで狙ってきただけあってジェラルディーナは気になる存在です。前走鳴尾記念の走破タイムも速い時計でしたし小倉コースは去年条件戦を二連勝した舞台で向いてそうです。去年と同じ外差しが決まる展開になるならここで重賞初制覇はありそう。

あとはホーJK騎乗のヒンドゥタイムズ、レース間隔は開いていますが一昨年のチャレンジC三着や去年の大阪城S勝利の実績がある一頭で、休養明けで割り引きが多少あることを除けば実力はあるけど人気は出なさそうで面白い一頭。
近二走の重賞着外は左回りコースの影響もありそうで、右回りに戻って以前の走りが出来れば穴をあけるシーンがあっても良さそうに思えます。

もう一頭穴で気になっているのが去年の勝ち馬モズナガレボシ。
小倉コースならと穴狙いした前走は残念ながら二桁着順に終わりましたが、ダブルシャープも走だったようにちょっとマイラーの参戦が多かったためかレースの質が違っていたような印象があります。
去年の勝ち馬がハンデ戦で斤量55キロならチャンスがあっても。