SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2022:中山11R-紫苑S

広告

開幕週の初日に秋華賞トライアル。
今年は世代トップクラスの有力牝馬二頭の参戦でローズSより盛り上がりそうな予感。

予想:

◎2番:サークルオブライフ
○12番:スタニングローズ
▲11番:サウンドビバーチェ
△9番:コルベイユ

馬券は:

単勝:2番:サークルオブライフ
複勝:9番:コルベイユ
馬連:2-12、2-11、11-12
馬単:2-12、2-11
ワイド:2-9、9-12、9-11
三連複:ボックス
    2、9、11、12
三連単:2-12-11、2-12-9

考えたこと:

去年は二戦二勝で挑んだ一番人気を本命にして、勝ったのは二番人気ファインルージュ。ちなみに先月の8月5日に引退。
去年の予想:予想2021:中山11R-紫苑S - SpecialなWeekを目指す競馬日記
去年の結果:振返2021:中山11R-紫苑S - SpecialなWeekを目指す競馬日記

結局春の実績馬がそのまま幅をきかせるようなレースだよなぁという印象がある秋華賞トライアル、今年は同期の牝馬でもトップクラスのサークルオブライフにオークス二着のスタニングローズという二頭が抜けたような印象があるメンバーです。

本命はサークルオブライフにしました。
なんだかんだで今年に入ってから本命か対抗のどっちかで狙っているサークルオブライフ。今年は未勝利ですがここいらで勝ち切って欲しいところ。
前走のオークス大敗もスタート直後挟まれて最後方に下がってしまったことが影響していますし、2400mというのも血統からは問題なさそうに見えますがちょっと違うかなと。
初勝利を挙げた中山コースということもあり中山2000mは問題なさそうですし、お終いの脚は強烈でこのメンバーなら負けられないように見えます。ただし休養明け初戦というのはちょっとポカがあるかもしれない、なんて思ったのですが本命に。

対抗はスタニングローズを。
たぶんサークルオブライフと二頭でワンツーフィニッシュだろうなと。
中山コースは重賞初勝利を決めたフラワーC勝利の実績がありますし、オークスの走りも力強い外差しで勝ったスターズオンアースと共に内の馬をまとめて差し切っていました。
薔薇一族のファンとしては外せない一頭ですが、サークルオブライフに勝ち切るまではどうかなと、対抗に。

三番手評価にはサウンドビバーチェを。
開幕週の馬場で前残り、しかし有力馬のうちサークルオブライフは必ずしも前で流れに乗るタイプではないというところもあり、前残りの競馬になった場合にはサウンドビバーチェの台頭がるかもと期待を込めた三番手。
オークスは放馬でレース出走が叶わず。仕切り直しの意味もある秋華賞トライアルのここで結果を残して本番に向かいたいところです。
チューリップ賞では三着サークルオブライフと0.1秒差四着と差の無い競馬、オークス直行もアクシデントで出走出来ませんでしたが、素質は十分。サークルオブライフの負けるパターンが前を追い詰めるも届かずの…が多いことから有力馬の一角としてはサウンドビバーチェをおさえるのが妥当に思えます。

穴のおさえにはコルベイユを。
ここはロジレットと迷った穴狙い。コルベイユにしました。
コルベイユを選んだのは逃げ馬だから、という理由です。開幕週の馬場で逃げ・先行の前残り、穴で狙うなら差し・追い込みよりは逃げ馬だろうと。
ロジレットも番手で折り合って勝ち切るタイプなので前残り狙いとしては悪くないのですが、より前でレースを進める逃げ馬の方に食指が動きコルベイユを選んだという結論。
穴パターンは1勝クラスを勝利した直後の二勝馬、開幕週の馬場を考慮して逃げ馬コルベイユを複勝とワイドで。