SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

競馬雑学:2024年NHKマイルCは好メンバー

広告

ちょっと知ってるだけで玄人っぽい会話ができるようになる雑学。

今日は今年のNHKマイルCが好メンバーなので、ちょっと出走予定馬を深掘りしてみます。

なお、特別登録時点の情報から記事にしていますので、一部出走馬の情報が古いことがあります。

牡馬牝馬の二歳王者が揃って参戦

今年のNHKマイルCには阪神JF勝利で二歳女王となったアスコリピチェーノに朝日杯FS勝利で無敗の二歳王者となったジャンタルマンタルの参戦でかなり層が厚いメンバーになりそうな予感がします。

アスコリピチェーノは桜花賞直行ローテで本番桜花賞では惜しくも二着に敗戦となってしまいましたが、ステレンボッシュより外を回らざるを得なかった位置取りというのは阪神JFと逆の立場となったようなレース運びに思えました。
それでもアスコリピチェーノの能力自体には疑問の余地がない状況で、血統からもオークスよりはマイル戦と適性を考慮してのローテのように思えます。直行ローテだったし二戦目でさらに上昇も見込めるような気がします。

一方のジャンタルマンタル、年明け初戦の共同通信杯をジャスティンミラノに惜敗したあと、本番の皐月賞でもジャスティンミラノに0.1秒差の三着と惜敗、個人的には距離延びても大丈夫と思っていましたが、マイル戦に矛先を変えてNHKマイルC出走で勝ちに来たような感じがします。

現時点で世代に五頭しかいないGI馬の内二頭が参戦してくる今年のNHKマイルC、牡馬の王者と牝馬の女王対決、これだけでもかなり盛り上がってきそうです。

重賞馬も多数参戦

当然ですが、前哨戦も含めて重賞馬も多数参戦してきます。

前哨戦のニュージーランドTを勝利したエコロブルームはアスコリピチェーノと同じダイワメジャー産駒。新馬戦こそ重馬場が祟ってか三着と敗戦でしたが、一叩きしたあとの未勝利戦は二着以下を四馬身差の圧勝、番手から上がり三ハロンメンバー中最速の脚で鮮やかに差し切ってみせました。重賞初挑戦となったシンザン記念はノーブルロジャーに差し切られて二着に終わりましたが、後方から一気に飛んで来たウォーターリヒトの追撃はアタマ差かわしての二着、上がりの競馬になった印象で展開がハマったノーブルロジャーやウォーターリヒトに対して向かない展開だったような印象があります。前哨戦のニュージーランドTは好位から伸びを見せ稍重をこなして勝利を収めました。

このエコロブルームをシンザン記念で負かして毎日杯からNHKマイルC勝利を狙うのがノーブルロジャーです。
個人的に毎日杯からの出走馬はいつもNHKマイルCでは気にしています。今年は唯一の出走馬がこのノーブルロジャーです。ただ毎日杯はメイショウタバルの逃げで一方的なレース展開となってしまったせいか六馬身差の二着と初の敗戦を喫しました。
ただ逃げたメイショウタバルが単騎で楽に逃げに持ち込めたのはハマっていた感じがしましたし、道悪馬場もメイショウタバルに後押しとなったような印象のあるレースで、どちらかというと共同通信杯から巻き返してきたベラジオボンドとノーブルロジャーの二頭の健闘が次走を期待させるものだったような気がします。
毎日杯の1800mから一ハロンの距離短縮となるマイル戦に戻る今回はノーブルロジャーにプラス、ここは勝負できそうな気がします。久々に(忘れた頃の)毎日杯からのNHKマイルC好走馬がありそうな予感。

取捨が難しくなりそうなのがゴンバデカーブースです。
デビューから二連勝、二戦目の重賞初挑戦だったサウジアラビアRCでは圧倒的人気を集めたボンドガールを上回る上がりの脚で差し切って勝利、年末にホープフルSでジャンタルマンタルのような無敗の三連勝でGI制覇を期待されたのが、直前で感冒のため出走取消となってしまいました。
ただアクシデントで出走取消となったあと喉鳴りの手術をしていることはちょっと気になる情報。出世レースのサウジアラビアRC勝ち馬だけに、手術明けでぶっつけ本番という取捨が難しい一頭になりそうです。

この他にも牝馬重賞フェアリーS勝ち馬イフェイオン、東スポ杯覇者シュトラウスに、前哨戦ファルコンSを勝利したダノンマッキンリーやアーリントンC勝ち馬ディスペランツァと重賞馬も多数出走するのですが、これだけ層が厚いと重賞勝ち馬でもそれほど人気しないケースがありそうな感じです。

今年は重賞勝ち負けくらいじゃ人気にならない

重賞勝ち負けである程度人気を集めそうなのはボンドガールくらい。新馬戦で負かした各馬が次々とその次走以降で勝ち上がって、重賞で活躍しクラシック桜花賞に駒を進めた馬を四頭輩出した新馬戦を勝ち切った馬です。それも破格の上がり33.0秒という二歳牝馬離れした能力を見せました。
ただ、その後の重賞二戦は掛かるところを見せて、お終い伸びを見せているもののいずれも二着に終わっています。
しかし世代トップクラスと評価された実力馬ボンドガールがこのまま終わるとは考えにくく、重賞初勝利がGI制覇だったという去年のシャンパンカラーのようなこともあるかもしれません。鞍上は名手武豊JKが継続騎乗のようですし重賞未勝利ながらこのメンバーでもある程度は人気しても不思議じゃない一頭と言えます。

ただ、ボンドガール以外には重賞で勝ち負けの実績があったとしても一介の穴馬くらいの評価になってしまうような感じがする今年のNHKマイルCのメンバーです。
皐月賞大敗からの出走とはいえシンザン記念でノーブルロジャーに0.2秒差、二着馬のエコロブルームにはアタマ差の三着だったウォーターリヒトはきさらぎ賞でも勝ったビザンチンドリームとハナ差の接戦でした。
アーリントンCで勝ったディスペランツァと半馬身差も同タイムで二着のアレンジャーにハナ差接戦だった三着チャンネルトンネルの二頭も優先出走権を得て出走の構えですし、ニュージーランドTで逃げて三着に粘り込んだユキノロイヤルも優先出走権を得て出走の構えですが、二勝馬で前哨戦三着でも人気にはならなさそう。

同じように人気にはならなさそうですが、フェアリーSでイフェイオンと同タイムのクビ差二着で接戦だったマスクオールウィンとかジュニアCでリステッド競走勝利を収めているので前哨戦人気で大敗したキャプテンシーは賞金で出走できそうなものの上位人気馬が例年よりレベルが高く人気にはならなさそうです。

いつもなら出走できそうな除外対象馬たち

そしてクイーンCで二着好走、通常なら出走して穴人気くらいになりそうなアルセナールは特別登録の時点では除外対象となっています。
新馬戦勝利直後の重賞クイーンCで二着好走と二戦一勝二着一回で、出走してくればいかにも穴人気しそうな成績なのですが賞金順で上位馬の回避が出ないと出走出来ないという、なんとも生まれた年が悪かった感じがします。

同じように二歳重賞デイリー杯2歳Sでジャンタルマンタルに0.3秒差二着の好走があるエンヤラヴフェイスも除外対象、重賞好走馬でも簡単に出走できないのが今年のNHKマイルCです。

デビューから二戦を二連勝で重賞初挑戦で敗戦を迎えたファビュラススターのような成績でも除外対象と、今年は出走するだけでも大変なレースになりました。

2021年のような活躍馬を輩出できる?

もしかすると出走馬が次々活躍した2021年NHKマイルCのようなこともあるかもしれません。

2021年は勝ったシュネルマイスターやハナ差で二着惜敗だったソングラインは古馬になってからも安田記念で再戦しこの二頭で再びワンツーフィニッシュをするなど、古馬になってからも活躍を見せました。シュネルマイスターは古馬GIこそ勝利できませんでしたが、ソングラインに至ってはNHKマイルC二着惜敗を取り返すように安田記念連覇やヴィクトリアマイルの勝利などGI三勝を収め引退しました。

シュネルマイスターも息長く活躍し種牡馬になっていますし、三着だったグレナディアガーズも阪神Cを三年連続で勝ち負けしたり高松宮記念で好走を見せるなど活躍しました。

他にも12着大敗だったピクシーナイトはその後スプリント路線に転向してGIスプリンターズSを勝利する活躍を見せました。

掲示板を外しましたが六着タイムトゥヘヴンは古馬になってからダービー卿CTを勝利し、2024年5月現在まだ現役。中山マイル戦では息の長い活躍をみせています。

10番人気七着だったアナザーリリックもその後古馬となって福島牝馬Sと重賞制覇をして繁殖に上がっていますし、九着ホウオウアマゾンも古馬になってから勝ち鞍こそないものの阪神の短距離戦では二着や三着の好走を見せて存在感があります。

ブービーに終わったグレイイングリーンでもその後着実に条件戦で勝ちを重ねオープンクラスに昇級後はリステッドやオープン特別の短距離戦で好走を見せ活躍を続けていますし、競走中止となったバスラットレオンもその後は海外でゴドルフィンマイルを始めとして海外重賞二勝の実績を残しています。

2021年のNHKマイルC出走馬はなかなか層が厚かった(というかクラシックでもエフフォーリアやタイトルホルダー、シャフリヤールに牝馬はソダシと世代で強かったということかもしれませんが)という結果論、2024年のNHKマイルCもレース前から既にレベルの高い争いになることが見て取れるメンバーということもあり、レース内容にも注目したい出走メンバーとなっています。