読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想:京都11R-室町S

広告

ブルドックボス不動の本命。紐をうまく考えるようにします。

予想:

◎7番:ブルドックボス
○10番:ゴーイングパワー
▲13番:カジキ
△14番:アンナミルト
△1番:ヒラボクプリンス
△9番:サクラレグナム

馬券は:

単勝:7番:ブルドックボス
複勝:14番:アンナミルト
複勝:1番:ヒラボクプリンス
複勝:9番:サクラレグナム
馬連:7-10、7-13、10-13
ワイド:7-14、1-7、7-9
三連複:7-10-13
   7-10流し:1、9、14
   7-13流し:1、9、14
三連単:7-10-13、7-10-14、7-10-1、7-10-9

考えたこと:

このレースはブルドックボス本命でいきます。
前走グリーンチャンネルCこそ五着、カフジテイクに0.6秒差とそれまでの成績からは物足りなさを感じますが、それまではクラスターCとかきつばた記念の交流重賞は連続二着、その前にもオープン戦の千葉S勝利と良績を残しています。ここでもう一度再評価です。
対抗はゴーイングパワーです。前走がエニフS、勝ったキングズガードに0.3秒差の二着、その前のNST賞ではエイシンローリンに0.1秒と僅差の二着、バーテンバーデンCで芝を使う前もダート短距離では安定した成績をオープンクラスで残していますので、ここも同条件でのダート短距離では評価せざるをえないところです。
三番手評価は現在一番人気のカジキです。
NST賞は四着ですが勝ち馬との差は0.2秒差、ゴーイングパワーと0.1秒しか違いがない所からいっても力は上位です。しかも前走が休養明けで今回は叩き二走目と上積みが見込める点、叩き二走目の成績が2-0-0-1と鉄砲実績より優れている点で上位に取れます。一番人気なので当然ですが、ここが走り頃に見えますのでおさえておきたい一頭です。
連下~三着扱いでは人気馬を中心に穴目を狙っていきます。
アンナミルトは小倉の佐世保Sで圧勝してからオパールSで0.2秒差の四着。決して悪くないのですがダート短距離のここに挑戦してきました。元々ダート短距離を走って条件戦を勝ちあがってきた馬なので自分の守備範囲に戻ってきたと考えられます。芝転戦からの復帰初戦ということで人気薄でもおさえておきたい一頭です。
ヒラボクプリンスはマリーンS二着が光っていますがその他はいま一つな成績に終わっています。距離短縮した欅Sが勝ったレッドファルクスから0.6秒差の六着その前のマイル戦オアシスSが勝ち馬から0.5秒差の六着なので前走は重賞とはいえ1700m戦のエルムSで1.1秒差とちょっと差を付けられてしまった五着でした。距離短縮を試してみる、という試みの部分が強そうな出走ですが、初物は人気薄でこそおさえておきたいところ。そういう意味で注目している一頭です。
サクラレグナムはサンレーンと迷ったのですが、サクラレグナムにしました。昨年のバーテンバーデンCで0.3秒差三着と好走し、続く室町Sでも0.4秒差五着と好走したのですがその後がいま一つでした。いったん休養を挟んで今回が休養明け初戦となりますが、鉄砲実績は1-0-0-5に対して叩き二走目は0-0-2-3といま一つ振るわないようです。休養明け初戦のこここそ狙いたいところですね。昨年0.4秒差五着の室町Sですし。
ちなみにサンレーンを切ったのは前走がやけに負け過ぎというところです。カフジテイクから1.8秒離されてしまった13着だとちょっと現級慣れに何走かしないといけないかなという印象です。乗り替わりヴェロンJKでいきなり生まれ変わると言う可能性も無きにしも非ずですが、ここは控えておきます。