読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

天皇賞春はマヤノトップガンの思い出

広告

今週は天皇賞(春)ですね。
天皇賞春、思い出深いのが97年のマヤノトップガンが勝った天皇賞春です。

f:id:treedown:20160424162705p:plain

マヤノトップガンって?

マヤノトップガンは、初めて見たサクセスストーリーとして非常に思い出に残っています。
初めてマヤノトップガンを見たのはロイヤル香港JCT(ジョッキークラブトロフィー)という当時で900万下条件(いまでいう1000万条件)。
このとき「トップガンって、あのトップガン(笑)」、という会話をした記憶があります。ずっと敬礼ポーズでトップガンを友人に勧めるといううっとおしい絡み方をしていたものです。若かったなぁ。
馬券は、マジックキスとサウンドバリヤーとマヤノトップガンでハデに負けてしまいました。
のちに、この馬が日本を代表するような名馬に成長するとは全く思ってもみなかったものです。
この頃は毎週のように競馬をやっていたので、次走のやまゆりSも当然のように買っていました。このときもサウンドバリヤーと前回の香港JCTで12番人気で二着下マルシゲギャロップで勝負していた記憶があります。
と、このようにマヤノトップガン、条件戦の馬というイメージで秋を迎えました。

春の有力馬と戦う

次走の神戸新聞杯でタヤスツヨシの不調が競馬新聞で伝えられる中、半信半疑でマヤノトップガンで勝負する私の馬券は見事にタニノクリエイトという伏兵に粉砕されました。クリエイター産駒は2000m戦の一発に注意、というのはこのとき思い知ったものです。
続く京都新聞杯では、懲りずにマヤノトップガンを入れたボックスで買うことにしました。結果はナリタキングオーの復活V、連続二着のマヤノトップガンを克明に覚えています。
続く菊花賞、このレースは前回で味をシメたボックス買いを7頭ボックスで臨みました。マヤノトップガン、ナリタキングオー、マイネルブリッジ、ステイヤーっぽいシグナルライトとトウカイパレス、ジリっぽいので長距離に向いてそうなホッカイルソーとイブキタモンヤグラ、といった7頭を馬連ボックスしていた記憶があります。結果はご存知の通り。

続く有馬記念でも自信をもって本命にしたマヤノトップガンはナリタブライアンやヒシアマゾン、ジェニュインといった有力馬を尻目に、大胆な脚質転換=逃げをみせ、見事逃げ切り勝利を勝ち取ります。

こうしてマヤノトップガンで春に条件戦を走っていた春から夏を経て、春まではGI戦線を争っていた有力馬たちと秋には好勝負するという姿を目の当たりにすることになりました。それほど連勝していませんので正確には夏の上がり馬といえないかもしれませんが、間違いなくマヤノトップガンは夏に掛けて力を付け秋に開花させたサクセスストーリーを達成したといえます。

マヤノトップガンは、その後も栄光と挫折を繰り返すことになりますが、それは次に続きます。

specialweek.hateblo.jp