読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り:中山11R-中山記念

広告

ロゴタイプがあわや、と思いましたが、結局三着、最後は去年札幌記念でモーリスに勝ったネオリアリズムが勝利。

予想の結果:

1着:▲1番:ネオリアリズム
 …
3着:△9番:ロゴタイプ
4着:◎7番:アンビシャス
5着:△3番:ヴィブロス
 …
8着:○4番:リアルスティール

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:7番:アンビシャス=ハズレ
単勝:1番:ネオリアリズム=アタリ!
複勝:9番:ロゴタイプ=アタリ!
馬連:4-7、1-7、1-4=ハズレ
ワイド:3-7、7-9、3-9=ハズレ
三連複:1-4-7、3-4-7、4-7-9、1-3-7、1-7-9=ハズレ
三連単:7-4-1、7-4-3、7-4-9、7-1-3=ハズレ

振り返って

スタートからロゴタイプが敢然とハナに立ちました。おお。ロゴタイプ。

一コーナーから二コーナー、ロゴタイプがハナに立ち気持ちよく走っているように見えます。
その直後にはネオリアリズムの姿も見えます。てっきりマイネルミラノが逃げる展開を想定していたのですが、三番手追走のネオリアリズムの半馬身ほど後ろがマイネルミラノ。結構想定より後ろな位置取りです。
その直後にリアルスティールとヴィブロスが馬体を併せて並走しています。
そして本線となるアンビシャスがその1馬身後ろ三頭並んでいる外を走っています。

向正面で先頭が変わり、いつの間にかマイネルミラノがハナに立っていました。
そして二番手集団はロゴタイプとネオリアリズムが並走して二番手を走っています。

三コーナーから四コーナーへ、マイネルミラノが先頭のまま最後の直線に向かいますが、明らかに仕掛けてきているロゴタイプの脚色が良く見えます。
直線に入ってロゴタイプがマイネルミラノを交わして先頭に立ちました。
これは…まさか…ローエングリンが8歳で制した中山記念の再現なのか?
そんなことを思った残り200mのハロン棒付近、しかし、坂を上っているところで明らかにロゴタイプの脚色が鈍り、代わって先頭に踊り出してきたのは
ネオリアリズム

ネオリアリズムがサクラアンプルールを従えて一気にお終いの脚を使って先頭に立ちました。

そのままネオリアリズムが先頭でゴール

単勝1番が的中、ネオリアリズムが一発あるかも、はおさえていてよかった。
そして複勝9番ロゴタイプが的中、三着だったか…と思うもこのメンバーで三着は評価していい内容かもしれません。

一方の人気どころ、アンビシャス、どこいっちゃったの?リアルスティールも。
終わった直後にそんな疑問が湧いてきました。
完全に前残りの展開なので末脚勝負の二頭は分が悪かった、というのはありますが、それにしても最後の直線で存在感がなさ過ぎました、なぜだろう。

的中は単勝1番が710円、マズマズです。三番人気です。複勝9番が440円ロゴタイプの単勝人気が7番人気というところでマズマズと言えるかもしれません。これなら正直言ってワイド馬券も用意しておくべきでしたね。後悔先に立たず。