読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2017:京都11R-平安S

広告

グレイトパールが重賞でも通用するかどうかを見極めるレースとなります。難しいですね。

予想:

◎15番:グレンツェント
○9番:グレイトパール
▲10番:ロワジャルダン
△5番:ピオネロ

馬券は:

単勝:15番:グレンツェント
複勝:5番:ピオネロ
馬連:9-15、10-15、5-15、9-10
ワイド:5-15、9-15、10-15
三連複:ボックス
   5、9、10、15
三連単:15-9-10、15-9-5、

考えたこと:

グレンツェントとグレイトパールで迷った本命、結局本命はちょっと人気が落ちるグレンツェントにしました。
前走アンタレスSは一番人気でかなり負けてしまいましたが、前走はいつもより後ろからの競馬でキビシイ展開になってしまいました。三カ月のレース間隔が空いたのも響いたようで行き脚がつかないようなレースになっていたのが敗因で、一度使ってからのここは確実に良化してくる気配が十分に感じられます。
しかも、アンタレスSはモルトベーネが勝った、というところがポイントで、モルトベーネは元々二走前の東海Sで0.1秒差ながら二着に退けた相手、前走が決して力負けでなかったことが見て取れます。
力負けしたと思わせるレースは最近ではアポロケンタッキーに負けたみやこSくらいじゃないかと思います。そのアポロケンタッキーはそのみやこSを勝ったのちに東京大賞典を勝利しドバイワールドCに出走するほどの馬ですから、みやこSだけでいえばそのドバイワールドCに出走するような馬に次ぐ実力馬だということが言えます。
前走はレースになっていなかったということで度外視し、東海Sのレース振りからモルトベーネ以上、アポロケンタッキー以下という実力がグレンツェントといえます。それなら連勝中とはいえオープン特別一勝の馬よりはこっちのほうが評価していいんじゃないかなということでグレンツェントを本命としました。

対抗がその四連勝でオープン特別を勝利したグレイトパールです。
いうまでもなく去年の秋には500万下を走っていた馬が突然ダート転戦後の負けなしで四連勝、ダートの新星によくある流れです。これで一気にダート界の中心に座る馬も居れば、壁に当たってぱったり止まってしまう馬もいます。
レース振りはなかなかのものですが、まだどれほどのものか、というのは多少疑問も残るところがあります。一番人気なのであまり軽視もできません、一応対抗で。

三番手はロワジャルダン、やや穴です。
ロワジャルダンは前走が復調気配を見せています。昨秋はさっき話に出たみやこSでアポロケンタッキー⇒グレンツェント⇒ロワジャルダン、と三着にはいっています。その後のチャンピオンズカップと東海Sはレースが向かなかったのと馬体重+10キロで太かったのか大敗を喫してしまいました。巻き返しを狙うアンタレスSでは三着でしたが、直線では進路が開かず前が詰まっていた、抜け出せない…どうしよう、で空いたところで一気にスパートしたが届かずの、といったところでした。状態さえ良ければあれだけの走りができるところを見せつけましたし、直線で前が詰まらなければ勝ち切れたり二着くらいまでは十分にあり得たレース振りでした。ここも人気は集めないでしょうから、前走の走りからすればもっと評価されていい馬だと思います。

おさえはアスカノロマンとロンドンタウンとピオネロで迷いましたが…、結局ピオネロにしました。
ロンドンタウンの前走の走りは確かに良かったんですけどね。でも近五走の重賞やオープン特別の好走歴から言ってピオネロのほうがどうしてもよく見えてしまいます。ただ詰めが甘いタイプだと思うので勝ち切るまではどうだか。連下までのおさえにちょうどよさそうです。

これでロンドンタウンがきちゃったらショック。