読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り:京都11R-秋華賞

広告

秋華賞、勝ったのはヴィブロスでした。▲評価にしていたのですが人気に惑わされず、もっと評価しておけばよかったですね。
いや、紫苑S組がこんなに走るとは思っていなかったのと、紫苑S勝ち馬のビッシュがあんなに惨敗するなんて…。

予想の結果:

1着:▲7番:ヴィブロス
 …
3着:△15番:カイザーバル
4着:○2番:ジュエラー
 …
6着:△9番:クロコスミア
 …
10着:◎10番:ビッシュ
 …
14着:△11番:フロンテアクイーン

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:10番:ビッシュ=ハズレ
複勝:9番:クロコスミア=ハズレ
複勝:15番:カイザーバル=アタリ!
複勝:11番:フロンテアクイーン=ハズレ
馬連:2-10、7-10、2-7=ハズレ
ワイド:9-10、10-15、10-11、2-9、2-15、2-11、9-11、11-15、9-15=ハズレ
三連複:2-7-10、9-11-15=ハズレ
   2-10流し:9、11、15=ハズレ
   2-7流し:9、11、15=ハズレ
   7-10流し:9、11、15=ハズレ
三連単:10-2-7、10-2-9、10-2-15、10-2-11、10-7-9、10-7-15、10-7-11、2-7-9、2-7-15、2-7-11=ハズレ

振り返って

スタートから先手を取ってハナに行ったのはクロコスミア、これは予定通り。ちょっと外から17番に絡まれるような展開になるのは予定外ですね、自分のペースで走れればいいんだけど、大丈夫かしら。
何とか一コーナーから二コーナーあたりで単独のハナに立ったクロコスミア、向正面に入っていきます。ヨシヨシ。
向正面ではちょっとした動きが、カイザーバルです。カイザーバルが押して順位を上げていきます。特に捲りというわけでもなさそうですが、三コーナーに入る前に好位集団に取り付いておきたいようです。うーんそれほど前は速くないからいいのかな?それより中団からやや後ろにヴィブロスが位置取っているように見えますが、本命対抗のビッシュもジュエラーも姿が見えません。どこいったの?後ろなの?不安がよぎります。
カメラの視点が映ってヴィブロスの位置が映し出されると、ようやくいました、ヴィブロスの後ろにフロンテアクイーン、そのうちにレッドアヴァンセがいてさらにその内にジュエラー、あれ?ビッシュはいませんね。
さらにカメラが後ろを映すと、ようやくいましたビッシュ。コレ、届かないんじゃないか?と、とっても不安。
とても不安、とか思っていたら三コーナーに差し掛かる前にビッシュが動いていきました。どうやら押して順位を上げようとしている模様。これ後方待機の馬が多くて最後の直線ゴチャついて上手いこと追い込めないような感じがしてきます。

そうこうしているうちに三コーナーを回って四コーナー、結構道中に動きがあったレース展開で、いろいろ紛れがありそうなレースです。
先頭は相変わらずクロコスミア。このまま粘り切って欲しい、と淡い期待を寄せますが、好位集団の脚色が結構よいです。特にカイザーバルがいいように見えるので、クロコスミアとカイザーバルで決まってくれるとなんて嬉しい高配当、捕らぬ狸の皮算用、ってところです。そんなこと考えているうちに最後の直線にクロコスミアが先頭で入ってきました。
四コーナー回ったところで中団くらいでヴィブロスが外に出そうとしています。その後ろに居るのが本命のビッシュです。十分射程圏内にいるように見えました。ジュエラーが桜花賞の時と違って内に入り過ぎているので、桜花賞のときのような末脚が繰り出せるかどうかはちょっと疑問が残ります。
残り200mを切ってもクロコスミアが粘ります。おぉっ、しかも二番手にカイザーバル、そのまま決まってしまうか?でも三番手はパールコード、これは買っていません。さらにパールコードの後ろにヴィブロスです。パールコードの外から差し切ろうという勢いです。さらにレッドアヴァンセとジュエラーが並んで真ん中くらいから強烈な末脚を繰り出そうとしているのが見えます。これ、混戦だわ。
次の瞬間に一気に形勢が変わり、インから一気にジュエラーが飛んできました。出た、やっぱジュエラーの末脚は強烈だ。もうすぐゴールってところでクロコスミアとカイザーバルが並んでいるところに3/4馬身くらい後ろにジュエラー、そんでもって外にはパールコードとヴィブロス。と五頭が横一線で並ぼうかという勢い。
頼む…パールコードだけは勘弁してください!唯一買ってないんですよ!

その祈りもむなしく、最後の最後でクロコスミアが脱落、カイザーバルが先頭に立ったか?と思ったところで外からパールコードが先頭を奪う、その数秒後…
大外にいるヴィブロスがインの四頭を全て差し切っていました。

ヴィブロスか~。

二着にパールコードが入ったのがはっきり見えてしまったので、もはや馬券が残念なことになっているのは実感しています。楽しみもワクワク感もない状況です。
ただしジュエラーは四着に見えましたので、そうなると三着はカイザーバル、ということになります。
ということは複勝だけは的中、うーん。素直に喜べない…。確定と配当を待ちます。
パッと見えた通り、確定した着順では勝ったのはヴィブロス、二着はパールコード、この時点であらかた馬券は壊滅、カイザーバル複勝の480円のみの的中となりました。

予想は悪くなかったよ、と自分に言い聞かせます。なにせ評価が低いとはいえ、勝ったヴィブロスは▲評価、三着カイザーバルは△評価でワイドを買いこんでいます。
ただ、ヴィブロスの自己評価が低かったというのが反省材料ですね。ヴィブロスの実力はそれなりに買っていたのですが紫苑S組で負けてしまった馬ということで評価を多少落としてしまったところはあります。紫苑S組なら勝ちが必須、と思っていたフシがあります。
人気がないローズS組の上位馬、というのは狙いとしてはよかったようです。
ジュエラーは内枠を引いてしまったのが運のツキというところですかね。内枠引いてしまったために道中はインで我慢しなきゃいけなかったし、最後の直線も外に出さずにインを突いて抜け出てこようとしてきました。
と、いうことはM.デムーロJKはこの馬は2000mまでの馬(距離が持たないかもしれない)と考えているようなフシがあります。距離が持つタイプなら大外回していいようなレースなんですよね。実際桜花賞はそうだったし。
あくまで個人的な主観ですが、たぶんデムーロJKとしては距離をロスしないようにインを突いていく競馬にしよう、という方針だったような感じがします。その理由が(仮説ですが)ジュエラーは2000mより1ハロン短い1800mくらいまでの馬だとデムーロJKは判断しているから、という気がしなくもない、というところです。
そうなると、次走が気になるところですね。エリザベス女王杯は出てきたら人気になることでしょう。とはいえ、デムーロJKの見立てが正しければこの馬は2200mは持たないことになりますから適鞍はマイルCS?ってことに。