読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2017:中京11R-金鯱賞

広告

穴馬のフルーキー、ルミナスウォーリア―、ロードヴァンドール、あたりを人気サイドのステファノスとルージュバックと絡めて高配当狙いの予想にしました。

予想:

◎9番:ステファノス
○1番:ルージュバック
▲16番:フルーキー
△15番:ロードヴァンドール
△4番:ルミナスウォーリア―

馬券は:

単勝:9番:ステファノス
単勝:1番:ルージュバック
複勝:16番:フルーキー
複勝:△4番:ルミナスウォーリア―
馬連:1-9、9-16、1-16
ワイド:1-16、9-16、1-15、9-15、1-4、4-9
三連複:ボックス
    1、4、9、15、16
三連単:9-1-16、9-1-15、9-1-4、9-16-15、9-16-4

考えたこと:

穴を多めに荒れる前提の馬券で予想しました。

本命はステファノス、おそらく一番人気となります。
大阪杯へ向けたたたき台ではありますが、GI大阪杯に向けて恥ずかしい競馬ができないレースでもあります。毎日王冠はいま一つでしたが天皇賞秋三着は現役中距離馬でトップクラスの能力を示しています。続く香港も三着と健闘しました。
ここは負けていられない、というところでしょうか。

対抗はルージュバック、ここまでが人気サイドになります。
現在4番人気とマズマズ、当日はもうちょっと人気するような気もしています。
この馬もステファノス同様休養明けとなりますが、鉄砲は走らない馬ではありませんし、中距離戦で牡馬混合の時の実力は昨年の重賞連勝で見せた通り、ここも本命に次ぐ実力馬と見てよさそうです。天皇賞秋こそいま一つな結果でしたが、毎日王冠ではステファノスを0.8秒差で圧勝していますし、何より左回りは5戦4勝とどんと来いの舞台、大阪杯よりここの方が期待できる舞台かもしれません。

単穴でフルーキー、単穴と言っても単勝で狙えるほどではありませんが。
フルーキーの評価ポイントはルージュバックの二着に入ったエプソムCです。ここでルージュバックに0.4秒差の二着に食い込んでいます。それ以降は目立った成績はないものの、堅実に走っています。着順が8着と大きく負けたように見える富士Sでも勝ち馬からは0.4秒差とそれほど離されていませんし、前走小倉大賞典は逃げたマルターズアポジーがうまくペースを作って逃げ切ったレース、追い込み一手のフルーキーにはちょっと辛いレース展開でした。ここでルージュバックが来るようなら再考の余地はあります。

三着扱いとしてロードヴァンドールとルミナスウォーリアーを。
ロードヴァンドールは前走小倉大賞典で仕上がり十分ですが大外枠が影響して四着に敗退してしまいました。とはいえ先行して粘り強く掲示板確保は成長を感じさせてくれます。前走と違って前に行きたい馬が少なくこの馬にとっては差し追い込み馬に有力馬が多いのは願ったりかなったりと思えます。ここをうまく展開を味方につけて粘り込む展開もありそうです。大外枠なので印を厚くはできませんが。
対してルミナスウォーリアーはディセンバーSでツクバアズマオーに0.1秒差と僅差の二着、続くAJCC杯でタンタアレグリアから0.6秒差の4着と成長が見られます。クラス慣れ、と言えるかもしれませんが、重賞でも五分に戦えるほど充実ぶりgあ感じられます。三着ならこの馬もあってもおかしくないんじゃないかと。現在10番人気と低評価ですし複勝、三着固定でで狙いたい一頭です。