読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

今週の気になる2017:天皇賞春二強対決と500万下アンティノウス

広告

今週は天皇賞春ですね。
昨年の有馬記念をワンツー、キタサンブラックとサトノダイヤモンドの争いです。
春の盾はどちらに?

天皇賞春

ナンダカンダでキタサンブラックとサトノダイヤモンドに人気が集中しそうなレースですが、単純に「二強対決」で済まない他の候補にも注目したいところですね。ちなみに三番人気以下のオッズが二桁倍率を切れば「二強対決ではない」と判断しています。

シュヴァルグランがその一角に居ますね。昨年のアルゼンチン共和国杯以来芝の中長距離で良績をおさめてきた実力馬です。本格化の兆しがありますね。阪神大賞典もサトノダイヤモンドから0.2秒差の二着、その前の有馬記念も六着と着外に負けていますがサトノダイヤモンドとの着差は0.5秒差、着実に着差を縮めていますね。

前走覚醒の気配があるシャケトラも注目の一頭でしょうね。
準オープンクラスの身でありながら日経新春杯二着、続く日経賞で重賞勝利とここにきて中長距離で本格化の兆しを見せる走りを披露しています。前走は強かったですね。メンバー云々もあると思いますが、シュヴァルグランと同じくらいの実力、くらいには個人的に評価しています。

3000mを超えたらめっぽう強い、ザ・ステイヤーのアルバートも注しておきたい一頭ですね。とにかく3000m超えたところの重賞成績が圧倒的に違います。昨年は六着に敗れてしまいましたが、勝負付けが済んだと判断するのは早いかもしれません。

個人的には穴でレインボーラインですね。穴ってほど倍率つかないかもしれませんが。
昨年のJCや今年初戦の日経賞は馬券に絡めませんでしたが、今回はちょっと違った展開が見れるかもしれません。後ろから行く脚質なので内枠で包まれるよりは外枠で外回したとしてもいいレースできそうな気はします。サトノダイヤモンドの隣でド本命見ながらレースを進められる、というのも一つのポイントかもしれません。

アンティノウス

29日(土)東京7R 500万下の平場戦に出走予定です。
父クロフネ、母ミクロコスモスの産駒でデビュー前からダートもよさそう、と思っていたら、近走ではもうすっかりダート馬として板についてきました。前走で待望の初勝利で未勝利戦脱出。近二走ではハナを切らず控える競馬もしていますので、広い東京で鞍上ルメールJKが上手くお終いを活かす競馬をしてくれることを期待しています。

次週以降の気になる登録

オールザゴーがNHKマイルCに登録しています。500万下勝利からスプリングSの大敗後、マーガレットSの勝利でここは出走できそうです。
もう一頭はカラクレナイが登録しています。桜花賞は1ハロン長かったかなぁ~?って走りでしたが、1400m専門と見限るのはまだ早いかもしれません。
個人的に確勝級の実力馬と見込んでいたペルシアンナイトは登録なし、ダービーに向かうようですね。皐月賞二着だから仕方ないといえば仕方ない。