読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想:東京11R-京王杯2歳S

広告

現在五番人気のモンドキャンノを本命にしてみます。

予想:

◎13番:モンドキャンノ
○12番:レヴァンテライオン
▲8番:レーヌミノル
△11番:コウソクストレート
△7番:タイムトリップ

馬券は:

単勝:13番:モンドキャンノ
複勝:7番:タイムトリップ
馬連:12-13、8-13、11-13、8-12
ワイド:7-13、7-12、7-8、7-11
三連複:ボックス
   7.8、11、12、13
三連単:13-12-8、13-12-11、13-12-7、13-8-11、12-8-11、12-8-13

考えたこと:

未完成なところに魅力を感じてモンドキャンノを本命にしました。
前走の函館2歳Sでは多少折り合いを欠いたようなレース振りでもレヴァンテライオンから0.1秒差の二着、一番人気だったことから考えても前走だけでレヴァンテライオンより下と見限るのはちょっと早い、と見ています。一番人気に推されただけの実力は評価できます。
舞台を函館から府中に移してもう一度再考するという感じです。鞍上もルメールJKなので期待大です。現在五番人気。

対抗はその函館2歳Sでレコード勝ちのレヴァンテライオンです。
函館とはいえレコード価値のスピードは評価できます。大外二頭が本命対抗となりましたが、広い府中競馬場ならそれほど内外は気にしなくてもいいかなと。
モンドキャンノも同様なのですが初距離・初コース・初輸送というところがどうでるか?というのは気になるところですね。現在三番人気で人気の一角を占めています。

三番手は一番人気レーヌミノル
小倉2歳S勝利で二連勝で重賞制覇、次の重賞はこの京王杯を狙ってきているようです。牝馬なのでファンタジーS使ってもいい所をわざわざ東京へ輸送してここを使うってことは相手関係を見て挑戦してきているような気がしなくもないですね。本命対抗の二頭同様に初コースと距離延長と輸送を克服する必要がありますが、人気馬のこの三頭がまとめて崩れる、というのはちょっと考えにくいのでこの三頭は中心で考えておきたい所です。

で、初コース・初距離・初輸送で本命三頭が崩れた時のおさえとして、コウソクストレートです。
新潟の新馬戦に続いて、前走は東京1400m戦となるくるみ賞、ここでムチを入れることなく二着に0.2秒差をつけて勝利、中一週で重賞を取りに来ています。
本命にしたモンドキャンノが安定したレース振りとは言い難く崩れる可能性も考慮しておさえるとしたらこのコウソクストレートかなというところです。現在二番人気なのでここの一番人気~三番人気で決まると堅いなぁ…、という結果になります。

そこで穴目でタイムトリップ、現在九番人気、鞍上田辺JKです。
この馬の評価ポイントは函館2歳Sで三着、レヴァンテライオンとの差は0.3秒差、決して離されておらず、レコードタイムの0.3秒差なら評価できるところ。
その次走はオープン特別で二着した後、前走のカンナSで勝利、二着はダノンハイパワーです。
正直九番人気という人気薄な理由が分からないくらいの成績をおさめています。これはおいしい、ということで、タイムトリップをおさえるようにします。
実際タイムトリップ絡みで決まってくれるとうれしいですね。