読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り:京都5R-新馬戦ミリッサ快勝

広告

京都5R「メイクデビュー京都」2歳新馬戦はミリッサが単勝2.8倍の一番人気。事前には単勝1倍台のタイミングもあったのでマズマズの人気に収まってくれました。
事前の情報ではゲート試験で合格に手こずったという話もあるのでゲート難は多少心配していましたが、ゲートもすんなり入っていよいよスタート。

そしてレースはスタート

スタート直後はそれほどよくも悪くもない無難なスタートに見えたミリッサ。

それほど前にも行かず中団で待機する構えです。
ハナに行ったのは二番人気のパンサーバローズ後ろに続くのはリリックドラマやロックイットといった外目の枠の馬たちがパンサーバローズに続いて前に行きます。
レースが落ち着くかというところでロックイットを交わして押し上げていきリリックドラマと馬体を併せる形になったのがシゲルジュゴン。ペースはパンサーバローズが握っていますがこの二番手集団はけっこう入れ替わり立ち替わりで争いが激化していきそうな感じです。

一方のミリッサは向正面ではじっと中団待機、掛かる素振りもなくしっかり折り合っていいレース振りです。ここから末脚爆発させちゃうのかな?
…と思いきや、三コーナーに差し掛かったところでモニターの視点が変わるちょっとしたタイミングでミリッサの姿を見失う、なんと三コーナーから捲り気味に仕掛けていったようで、見覚えのある勝負服は既に大外に持ち出して二番手集団をまとめて交わしに掛かっていました。

最後の直線に入って先頭のパンサーバローズに並びかけるミリッサ。
勢いはミリッサが持ったままでパンサーバローズを交わしそうな勢いがありましたがインにいたパンサーバローズがまだ体勢有利といったところ。
最後の直線半ばでようやくミリッサに鞭が入ると、ミリッサは一気にスパート、さらに加速されたスピードはパンサーバローズを並ぶことなく交わしてそのまま先頭でゴール。

お見事。

ルメールJKの仕掛けどころもお見事でしたが、最後の直線でギリギリまで鞭を待って鞭で合図が入ると一気のスパートで先頭を奪ってしまいました。
ミリッサのレースの上がりタイムが33.5秒、三コーナーから四コーナーにかけての捲りで大外から一気に先頭に立つ、という非凡なレース振り。中団に待機しながら自分で流れを作っていったところに才能を感じますね。

展開自体はパンサーバローズが二着に入って三着に1馬身以上の差を付けているように前残りの展開とみてよさそうですが、中団に待機していたミリッサが三コーナーから四コーナーで大外回して捲り気味に他馬を交わしていったところで能力が別格だったという感じはします。
馬体重は414キロと小柄な馬体なので、もうちょっと成長して馬体重は欲しいところですね。とはいえ、現時点では完成度も高く新馬戦は牡馬牝馬混合戦のここでも圧勝、という好内容でした。