読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想:中山11R-フェアリーS

予想

広告

キャスパリーグとアエロリットの争いと見るレースです。どっちを本命にするか迷いますね。人気どころからの馬券なので点数は絞っていきたいところです。

予想:

◎16番:キャスパリーグ
○3番:アエロリット
▲1番:コーラルプリンセス
△14番:アマノガワ
△8番:モリトシラユリ

馬券は:

単勝:16番:キャスパリーグ
複勝:14番:アマノガワ
複勝:8番:モリトシラユリ
馬連:3-16、10-16、1-3
ワイド:14-16、8-16、3-14、3-8、8-14
三連複:1-3-16、3-14-16、3-8-16、1-14-16
三連単:16-3-1、16-3-14、16-3-8

考えたこと:

本命はキャスパリーグにしました。
一勝馬の身ながら、新潟2歳Sはヴィゼットジョリーに0.5秒差の五着、続くもみじSは勝ち馬から0.2秒差の二着と近二走で自己条件の500万下で連続2着がちょっと原因不明なくらいの実力馬です。1400m戦が中心で使われているように1600m戦となる今回は大外枠でちょっとロスが気になるところです。
とはいえ、オープン特別の好走歴はメンバー中でも実績最上位といってもいいくらいの実力馬ということでここは逆らわず本命にします。

対抗は一番人気アエロリット、休養明け初戦です。
前走が久々で500万下二着でしたが勝ち馬とは差のない0.0秒差の二着でした。そのレースで勝ったトーホウアイレスはその次にアルテミスSで大敗してしまいましたが、アルテミスSはメンバーがそろっていたと考えてメンバーがそろっていないここは結構やれるとみています。それを言ったらヒストリアやライジングリーズンあたりもやれることになっちゃいますけど。
この馬が他馬より抜けているのはやっぱ新馬戦ですね。勝った新馬戦で0.3秒差付けた二着のダイイチターミナルはその後小倉二歳S2着でオープン入りして京王杯や朝日杯に出走しています、結果は出ていませんが。新馬戦で二着に下した牡馬がこれだけやれているから一勝馬ばっかり出走しているここはやれそうなものです。

三番手評価は二勝馬コーラルプリンセスです。
二勝している馬が少ない重賞ってのもどうなんだろうとは思いますけども、逆に二勝馬は評価してよいということになります。ただ前二頭より評価が落ちるのは今までの走っているコースが新潟&東京の左回り、右回りの中山に替わってどうかと言うところが未知数なところはあります。直線も東京や新潟ほど長くないですし。あと、アルテミスSでスタートが悪いところを出してしまってますんでスタートもポイントですしインで包まれて持ち出せない可能性も秘めています。未知数なところがいくつかあるので上位二頭よりは不確定要素が多い分ちょっと落ちる評価になります。

ここまでが一番人気から三番人気のガチガチというところで、穴目をおさえに持っていきます。

三着扱いでアマノガワとりあえず二ケタ人気ですし当日もそんなに人気は集めないだろうと踏んでおさえに複勝やワイドを少々。
この馬は前走の赤松賞こそ11着と大敗していますが、勝ったコーラルプリンセスから0.5秒差とそれほど負けていません。実際コーラルプリンセスと三着アピールバイオまではクビ⇒クビの接戦です。そのアピールバイオはそれまでに新潟2歳SとやアルテミスSで四着掲示板と実績を積んだ馬で、コーラルプリンセスはその馬に勝っている点で優位ですし、そのレースで勝った馬から0.5秒差なら11着でもそれほど負けている感じはしません。もし穴をあけるとしたらこの馬あるんじゃないかと思わせる何かを秘めています。それを言ったらポンポンとかパフォームとかもそうなんじゃないか、って思いますがこの辺は重賞で既に大敗を見せているところから未知の部分が多いアマノガワを狙ってみたいと考えました。

もう一頭のモリトシラユリは、アマノガワよりちょっと人気しています。現在8番人気。この馬は雨が降って足下が悪くなったら前走ダートで初勝利を挙げたモリトシラユリが面白いと思ったところでおさえるという感じです。ただ、雨降るのかなぁ…?天気予報では午後から雨が降るという予報なんですが。ただ、前走のダート戦が例外的というだけでその前の二着続きの未勝利戦は芝なのでダート専門というわけでもなさそうなところもありますね。多少馬場が渋ってくればこの馬の出番に思います。