読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り:京都11R-淀短距離S

広告

土曜京都メインは短距離戦淀短距離S。
ルミエールAD出走馬から採るべきだったのはそこを勝ったラインスピリットでしたね。三着に入ってきました。それ以前に勝ったセイウンコウセイが見抜けなかった…。

予想の結果:

2着:◎12番:セカンドテーブル
 …
4着:△7番:アットウィル
 …
7着:△2番:ローレルベローチェ
8着:△5番:トータルヒート
 …
10着:▲15番:フミノムーン
11着:○13番:トウショウピスト

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:12番:セカンドテーブル
複勝:アットウィル
馬連:12-13、12-15、7-12、2-12、5-12、13-15、2-13、5-13
ワイド:7-12、7-13
三連複:12-13-15
   12-13流し:2、5、7
   12-15流し:2、5、7
三連単:12-13-15、12-13-7、12-13-2、12-13-5

振り返って

揃ったスタートでレースが始まります。ハナを切ったのはローレルベローチェ。

トウショウピストやフミノムーン辺りは中団で待機といったところです。
後方にトータルヒートの姿が見えました。
内枠にローレルベローチェが居るのでハナを切らないのは仕方ないにしてもトウショウピストが中団で待機とは意外です。前走と同じように前で競馬してスピードで粘り込むと思っていたのですが。

一ハロンの短距離戦なのですぐに三コーナーから四コーナーの争いがやってきます。三コーナーから四コーナーに掛けてハナを切ったローレルベローチェに徐々に迫ってくるセイウンコウセイ、セイウンコウセイが四コーナーで並びかけて馬体を併せるように最後の直線にやってきました。
で、トータルヒートはまだ最後方に赤い帽子が見えます。どうやら外に回さずインから追い込む?ということですかね。

最後の直線で外を回したトウショウピスト、インの馬群から抜け出しを図るセカンドテーブル。インがそれほどゴチャついていないので、インから抜けるのはよさそうです。セカンドテーブルの位置取りは正確にはセイウンコウセイの後ろにぴったり付けていて、セイウンコウセイが先頭のローレルベローチェに馬体を併せに行くのに合わせてうまくその斜め後ろの外側くらいにセカンドテーブルは持ち出しました。これで前のローレルベローチェとセイウンコウセイが馬体を併せていても壁にならない、ってことですね。さすが京都競馬場といえば武豊JKっす。やっぱ京都の武豊JKは特別ですね。
先に抜け出してローレルベローチェを交わしていたセイウンコウセイが脚色よく直線半ばで先頭を奪っているところに脚を伸ばして襲い掛かるセカンドテーブル。
大外回したトウショウピストはイマイチ伸びず、後ろの方でアップアップ。
最後方待機のトータルヒートに至っては馬群から出るのに手間取って追い出せない状況に。フミノムーンはもはやどこにいるか分からなくなっていました。たぶん馬群の中にいたんだと思いますが見失ってしまいました。
セカンドテーブルがセイウンコウセイを捉えきれない勢いの末脚で必死に追っている中、三着に入ってきたのはラインスピリットというところで一瞬インにアットウィルの姿が見えました。
せめてアットウィルが三着に入ってくれないかな~、と思った矢先にセカンドテーブルのちょっと外から一気に伸びてくる赤い帽子、まさかこれトータルヒートじゃないよね?とゼッケンに目を凝らせば「6」番のゼッケン、「ラインスピリットか…」

結局予想した馬はセカンドテーブルしか馬券にならず、そのままセイウンコウセイ先頭でゴール、二着にセカンドテーブル、三着はラインスピリットで複勝買っていたアットウィルは四着。せめてアットウィルが三着だったらば多少はマシだったのですが甘かったようです。東西とも穴目で複勝とワイドをおさえた買い目の馬が四着で馬券が残念なことになっちまいました。

ハナを切ったローレルベローチェが沈んだ割には二番手のセイウンコウセイや先行集団から伸びたセカンドテーブルとアットウィルが残って、好位集団にいたラインスピリット、と前残りな展開となってしまいました。そうなると末脚勝負のフミノムーンや最後方待機のトータルヒートでは出番がないのは仕方ないところですね。しかもトウショウピストに至っては前で競馬すると思っていたのが前に行かないという。前残りの展開をちょっと恨みつつ、このレースから気持ちを切り替えて翌日の重賞予想に取り組んでいきます。