読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り2017:中京11R-金鯱賞

広告

ロードヴァンドールをおさえておく、というのはイイ目の付け所、といったところで自分を褒めてあげたいところですが、一方で三着のスズカデヴィアスは買えない、当日の単勝人気13番人気の人気薄…。

予想の結果:

2着:△15番:ロードヴァンドール
 …
5着:△4番:ルミナスウォーリア―
6着:◎9番:ステファノス
 …
8着:○1番:ルージュバック
 …
15着:▲16番:フルーキー

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:9番:ステファノス=ハズレ
単勝:1番:ルージュバック=ハズレ
複勝:16番:フルーキー=ハズレ
複勝:△4番:ルミナスウォーリア―=ハズレ
馬連:1-9、9-16、1-16=ハズレ
ワイド:1-16、9-16、1-15、9-15、1-4、4-9=ハズレ
三連複:ボックス
    1、4、9、15、16=ハズレ
三連単:9-1-16、9-1-15、9-1-4、9-16-15、9-16-4=ハズレ

振り返って

スタートしてまずは横一線、ちょっとフルーキーフルーキーが外に膨れていましたがそれほど影響なしにみえます。
ハナに立ったのはロードヴァンドール、いいですね。
ルージュバックは先行集団の内側、その外がわにはフルーキーの姿も。
好位集団に人気のヤマカツエースが見えますがそのうちにルミナスウォーリア―が居るのが見えました。ルージュバックが予定より前の位置取りなのですがそれ以外の予想した各馬の位置取りは悪くなさそうですね。

三コーナーから四コーナーへ
ロードヴァンドールがマイペースで進む、ヤマカツエースはスーッと外に出して絶好の気配。
マズいです。ヤマカツエースは買っていません。

最後の直線に入ってもロードヴァンドールが粘っていますがフルーキーやヤマカツエースも馬場の中央から追い出しを開始しています。

外から徐々にスズカデヴィアス、ヤマカツエースが先頭に迫ってきます。
インで粘れるか、ロードヴァンドール、
大外からステファノスが伸びていますがその内に居るスズカデヴィアスを捉えきれないような勢い、三着があるかどうか、といったところのようです。

もうこうなると、インのロードヴァンドールが粘り込んでステファノスとのワイド的中くらいしか望みはないのですが、
先頭はヤマカツエースでほぼ決まりそうな勢い。
二着三着は勢いから言ってスズカデヴィアスか最内のロードヴァンドールか、
ステファノスは掲示板が精一杯…、
たぶん、ハズレだ。
そう思った時、ヤマカツエースがスズカデヴィアスを従えてゴールしていました。
結局最終的に確定した順位を見たら、二着にはロードヴァンドール、スズカデヴィアスはロードヴァンドールを捉えきれず三着に終わったようです。複勝で買うべきはロードヴァンドールだったか…。

ヤマカツエースはさすがに去年の暮れに施行された同条件の金鯱賞を制しただけあって、強かったですね。このレースはやっぱり条件があっているようです。
57キロと他馬より1キロ重い斤量でしたが、あのメンバーの有馬記念で四着にはいる実力を持っているだけあって、このメンバーでは一枚抜けていたようです。
スズカデヴィアスは脚質転換を図って前走好走、そこから今回もうまくレースを進めることができていましたね。いやでも当日単勝13番人気の馬、この脚質転換が成功しつつある兆候をきっちり捕捉出来ていないと買えないですね。

この二頭が買えなかったのが敗因、といえそうです。人気馬も穴馬も見誤ったとでも言いましょうか…。