読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り2017:福島11R-福島民報杯

広告

勝ったのはマイネルミラノ、前半は三番手に控えていたのを三コーナー付近から捲り気味に先頭に立つとそのまま押し切り勝ち、ちょっと相手関係を見誤ったか。

予想の結果:

3着:◎14番:サンデーウィザード
 …
6着:▲16番:ステイインシアトル
 …
10着:△8番:トルークマクト
11着:○4番:バーディーイーグル
15着:△13番:シャドウパーティー

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:14番:サンデーウィザード=ハズレ
複勝:4番:バーディーイーグル=ハズレ
馬連:4-14、14-16、8-14、13-14=ハズレ
ワイド:4-14、4-16、4-8、4-13=ハズレ
三連複:二頭軸流し
   4-14:8、13、16=ハズレ
   14-16:8、13=ハズレ
三連単:14-4-16、14-4-8、14-4-13、14-16-8、14-16-13=ハズレ

振り返って

スタートはほぼそろったスタート、スタンド前を各馬が通過していきます。
ハナに行こうという構えは外のステイインシアトル、インではシャイニープリンス辺りもフェルメッツァと並んで行こうという構え。マイネルミラノは行かずちょっと控えめに番手を確保といったところに見えます。
マイネルミラノのちょい後ろ当たりにトルークマクトの姿も見えました。
一コーナーから二コーナーに掛けて、先頭が入れ替わり、スッとシャイニングレイがハナに立ちます。ステイインシアトルは控えて二番手。三番手にマイネルミラノ、という流れで向正面に向かいます。
向正面でバーディーイーグルが中団の馬群に、その中団よりやや後ろでサンデーウィザードが流れに乗っているのが見えました。一頭大幅に遅れているトウシンイーグルはちょっとレースになって居なさそうに見えますので、実質サンデーウィザードが有力どころの最後方と言えるかもしれません。
そうこうしているうちに三コーナーから四コーナーに掛けてレースは進んでいきました。
知らぬ間にマイネルミラノが先頭に立っています。シャイニングレイはここで二番手に後退、三番手にはステイインシアトルがまだ先頭を窺っています。
このままマイネルミラノは先頭に立ち最後の直線に入ってきました。

最後の直線に入るマイネルミラノ、リードは二馬身から三馬身といったところに見えます。直線の短い平坦小回りの福島でこの差はちょっといただけません。悠々と逃がしてしまいそうに見えます。希望はステイインシアトルがシャイニングレイを捉えて二番手に上がりそうなところ。
サンデーウィザードは外に回してまだ後方、うーん。大丈夫か?
最後の直線も残り200mを切ります。
サンデーウィザードは懸命に追っていますが、如何せん直線が短い、届くかどうかは微妙に見えます。ステイインシアトルは意外と伸びない、マイネルミラノの影を踏めないような脚色に見えます。追い込み勢に掛けるしかないか。やっぱサンデーウィザードに頼むしかない。
そこでやってきたのはサンデーウィザードと馬体を併せるフェルメッツァ、マイネルミラノとフェルメッツァで決まってしまうと、予想は撃沈です。しかし脚色はイイ。
アッサリとインで粘り込みを図るステイインシアトルを差し切るフェルメッツァ、次いで外からサンデーウィザードも追い込んできています。
しかし、マイネルミラノには届かず。もう少しというところでマイネルミラノに逃げ切られてしまいました。

人気だと思っていたマイネルミラノ、よく見たら単勝7番人気の結構な人気薄。
で、人気ないなぁと思っていたサンデーウィザード、当日売れたらしくいつの間にか一番人気。

ちょっとちぐはぐな予想になってしまいました。マイネルミラノのトップハンデは伊達じゃなかったですね。実力が一枚上、役者が違っていたようです。