読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2017:京都11R-マイラーズC

広告

人気だけど逆らわず、エアスピネルとブラックスピネルのWスピネルにイスラボニータでいいような気がしています。

予想:

◎4番:エアスピネル
○8番:ブラックスピネル
▲11番:イスラボニータ
△7番:プロディガルサン
△3番:フィエロ
△5番:ダッシングブレイズ

馬券は:

単勝:4番:エアスピネル
馬連:4-8、4-11、8-11
ワイド:4-7、3-4、4-5
三連複:4-8-11
   4-8流し:3、5、7
   4-11流し:3、5、7
三連単:4-8-11

考えたこと:

絞り切れなかった…。ちょっといつもより△が多いです。

しかし馬券の中心は三頭、エアスピネルとブラックスピネルの4歳馬二頭に6歳馬イスラボニータがどう立ち回るか、という構図に見えます。

本命はエアスピネル、おそらくこのまま当日までずーっと一番人気のはず。もう説明の必要がない素質馬です。マイル転向後も凡走はなく素質ある走りを見せています。

対抗はブラックスピネル、前走の東京新聞杯がよかったですね。
前走は意外にもハナを切ってそのまま押し切るレース。うまくハマりました。ハマっただけ、という見方もできますが力勝負で京都金杯ではエアスピネルの二着、しかもタイム差は0.0秒で全く差がない競馬をしていますから、充実の4歳勢ですしここも中心視しておきたいところです。

三番手はイスラボニータ、ここまで惜敗が続いています。イスラボニータが印が落ちる理由は「勝ち切れていないから」というだけです。実力的には久々の勝利がいつあってもおかしくない実績馬ですね。
今年復帰初戦ですからここが目一杯仕上がっているわけではありませんので、評価としては使っている4歳二頭よりは控えめになってしまいますが実力は去年の秋三戦が示す通り実績上位といえます。

正直△が絞り切れなくて、うまく馬券の買い目に反映できていません。

△ではまずプロディガルサン、この馬は前走こそ7着と敗れましたが、2000mの金鯱賞はヤマカツエースの独壇場、そのレースで0.3秒差と健闘しています。東京新聞杯はブラックスピネルと全く差のない競馬をしているので展開一つではこの馬が浮上してくる余地があります同じ4歳世代ですし。

フィエロは8歳の高齢馬ながらまだまだ一線級とやっても引けを取らない実力馬ですね。人気はホドホドですし毎回善戦止まりになっていますが、連下なら来てもおかしくない実績馬です。

ダッシングブレイズはこれら実績馬とは逆にデキ重視、休養明け初戦洛陽Sを重馬場で快勝しました。叩き二走目のここはかなり上積みが見込めるところです。さらに去年の京王杯SCではサトノアラジンと0.4秒差といいところまで行った四着、既にオープン特別の勝利はありますから重賞初制覇に向けて走りごろというところでおさえたい一頭ではあります。

この辺の△評価にとどまっている馬たちは普通であればもうちょっと評価していいところなのですが、いかんせん開幕週の馬場で前が止まらないところから考えると、どうしても前走のレース運びが気になるブラックスピネルとそれと五分にやれる実力馬エアスピネルよりはちょっと落ちてしまうのは否めないところにあります。