SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2017:函館11R-函館SS

広告

イッテツが逃げてペースはそれなりに落ち着きそう、とはいえイッテツが逃げ切れるほどレースレベルは低くないはずなので、先行勢を中心に有力馬と気になった穴馬を。

予想:

◎12番:セイウンコウセイ
○10番:シュウジ
▲3番:キングハート
△2番:ノボバカラ

馬券は:

単勝:12番:セイウンコウセイ
単勝:3番:キングハート
複勝:2番:ノボバカラ
馬連:10-12、3-12、2-12、3-10
ワイド:2-10、2-3
三連複:ボックス
   2、3、10、12
三連単:12-10-3、12-10-2

考えたこと:

本命は、高松宮記念勝利後ちょっと変わったローテでここ出走のセイウンコウセイ。さすがにGI馬、しかも別定戦で斤量は56キロ、他の人気馬シュウジと同じ斤量で高松宮記念勝利馬が出走するとなるとここも本命視せざるをえませんねぇ。洋芝の対応はまだ未知数ですが近走の走りから言ってもそれほど不安もなさそうです。重馬場、良馬場、稍重馬場でいずれも勝利していますし、シルクロードSはダンスディレクターに僅差で負けてしまいましたが全く差のないレースでした。不安要素はまったくなし。

対抗はセイウンコウセイが勝った高松宮記念で15着と大敗してしまったシュウジ。
近走が冴えなくても去年ソルヴェイグにハナ差の舞台に戻ってきましたら、予想は重い印を付けざるを得ない素質馬です。去年の函館SSではレッツゴードンキに先着していますし、次走のキーンランドCも二着に入っているように洋芝は得意な舞台と見れます。ここは巻き返しの一戦と見れそうです。
鞍上も乗り替わり武豊JKで新しい一面が見えれば。

単穴で一発ありそうなのがキングハート
前走鞍馬Sで勝利、その前の春雷Sも勝ったフィドゥーシアとハナ差の接戦で近二走はかなり走っています。今なら重賞でも勝ち負け出来そうな感じはします。初の洋芝なので多少未知数なところがありあまり中心視はできませんが一発あっても不思議ではない実力馬、といったところです。

穴のおさえにノボバカラ
「この馬、ダート馬でしょ?」って思いますが、実際デビューからずーっとダート戦を使ってきており、今回がデビューから初めての芝レース。
ダート短距離では既に重賞二勝、交流重賞も含めると三勝している実績馬です。短距離の走りは申し分ないので、芝の適正がどうかというだけ。
こういうなんでかよく分からないけどダート馬が芝レースで突っ込んできた、というパターンが穴パターンでよくある一パターンです。あまり重い印は付けられませんが穴でおさえておきたい一頭ですね。

点数が増えるので切りましたが、余裕があればブランボヌールはおさえておきたい一頭です。
函館は二戦二勝、コースの相性は抜群で去年のキーンランドCはシュウジに勝利、悪くありません。悪くないのですが…、如何せんシルクロードSのしんがり負けが気になります。こんな負けるとちょっとなぁ、しかも休養明けだし、一応鉄砲実績はあるけど…、と不安要素がいくつかあったので、止めておきました。
とはいえ、函館コース巧者なのは明らかで洋芝適正もバッチリ、函館が復活の舞台となる可能性はあります。切りましたけど。