読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り2017:阪神11R-アンタレスS

広告

まさかグレンツェント、かなりスタート出遅れたタガノエスプレッソにすら負けてしまうとは。
負け過ぎて結構ショックです。

予想の結果:

2着:○4番:ロンドンタウン
 …
6着:×8番:メイショウスミトモ
 …
8着:△15番:タムロミラクル
9着:◎6番:グレンツェント
 …
11着:▲3番:ミツバ

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:6番:グレンツェント=ハズレ
単勝:3番:ミツバ=ハズレ
複勝:メイショウスミトモ=ハズレ
馬連:4-6、3-6、6-15=ハズレ
ワイド:4-15、3-4、3-15=ハズレ
三連複:ボックス
   3、4、6、15=ハズレ
三連単:6-4-3、6-4-15、6-3-4、6-3-15、6-15-4=ハズレ

振り返って

タガノエスプレッソが出遅れ、タガノエスプレッソほど遅れていないのですが、ミツバも後ろから行くようにに見えました、最初のスタート。

各馬はスタート直後に一コーナーから二コーナーへ。
中団よりやや後ろに本命のグレンツェントが位置取っているのが見えました。悪くない位置取りではあります。

レースは向正面に入ります。
ハナを切っているのがショウナンアポロン、二番手にはモンドクラッセ。
モンドクラッセは正直1700mまでの馬だろうから今回は前に行ってもたぶん脚は止まるだろうなぁ。
ロンドンタウンは先行集団といってもちょっと後ろの方、直後には中団待機のグレンツェント、併せるくらいの位置にタムロミラクルの姿も見えます。
ここまではいいのですが、
一番後ろにミツバとインにスタートを出遅れて最後方待機のタガノエスプレッソが…。
いやいや、タガノエスプレッソは出遅れたから仕方ないにしても、それと馬体を併せるくらいの位置にミツバが位置取っているってのはどうなんす?
はっ!これがまさか有名なポツン作戦か。
案の定四コーナー回ったところで大外にブン回したミツバ、外に回した分最後方のはずのタガノエスプレッソから"さらに"二馬身以上の遅れ…。
「これはアカン」
思わず声に出ていました。
ここから伸びてもまとめて差し切れるような馬じゃない、そんな切れ味持ってない。

そうこうするうちに各馬は最後の直線にやってきました。

さて、では圧倒的本命のグレンツェント、このレース振りを見ましょう。
と、思っていたら、グレンツェントは伸びない…、いやホント伸びないな。
斤量58キロが効いちゃったんすかね。
「の、伸びないのか…。」
また声に出ていました。
まさかここまで三着以下がない完璧な競馬をしてきた馬が、完全に本番前と言えるGⅢでまさかの大敗?
嫌な予感がよぎります。

最後の直線を懸命に追う各馬、先頭はモルトベーネに代わり二番手集団には三頭か四頭ほどが馬体を併せているように見えます。いずれもロワジャルダンやリーゼントロック、アスカノロマンといった予想から外れた馬、ちょっと遅れてメイショウスミトモの姿も見えますが、前の三頭はかわせなさそう。
その一角に大外から並びかけてきたのがゼッケン4番「あ、ロンドンタウン」
つぶやくとその数秒でロンドンタウンは末脚を伸ばして一気にインで争う馬たちを差し切って二着に飛び込んだように見えました。

テレビを見ていたらレース発送前にロンドンタウンの前走、鞍上だった柴山JKの話が出てきてました。自身でヘグったことを反省していた模様。結構外々回らされて位置取りがあまりよくないレース振りかな、というところをたぶんヘグリとしていたんだろうなぁ…。
乗り替わりで主戦の川田JKに手が戻ってきたところで今回の好走というのは納得です。

しっかし、グレンツェント、どうしちゃったかなぁ、やっぱ斤量かなぁ。