SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

振り返り2017:函館11R-函館SS

広告

日曜メインは北も東も大ハズレ。
まずは函館メインの函館SS、GI馬があんなに走らないとは予定外でした

予想の結果:

2着:▲3番:キングハート
 …
4着:◎12番:セイウンコウセイ
 …
7着:△2番:ノボバカラ
10着:○10番:シュウジ

馬券の結果:

的中した買い目には「=アタリ!」
外れた買い目には「=ハズレ」
----------------------------------
単勝:12番:セイウンコウセイ=ハズレ
単勝:3番:キングハート=ハズレ
複勝:2番:ノボバカラ=ハズレ
馬連:10-12、3-12、2-12、3-10=ハズレ
ワイド:2-10、2-3=ハズレ
三連複:ボックス
   2、3、10、12=ハズレ
三連単:12-10-3、12-10-2=ハズレ

振り返って

函館は晴れていますねぇ。東京都はエライ天気に差があります。
各馬は順調にゲート入り完了、最後は大外のブランボヌールがゲートに入ってスタートしました。

各馬順調なスタート
…と、見せかけて出遅れというほどではありませんが2番のゼッケンががちょっと出負け?のような後方からのスタート。
2番は…、えーっと…、ノボバカラ。
予想した穴馬がいきなり最後方からの競馬になりました。

シュウジが先頭でハナを切りました。ハナにいって逃げると踏んでいたイッテツは五番手くらいの位置取りです。

キングハートは中団で待機
ノボバカラがポツンと最後方で待機…

こうして各馬三コーナーから四コーナーを経て最後の直線に入ってきます。やっぱスプリント戦はあっという間に最後の直線に入ってきます。

最後の直線でも先頭はシュウジのまま、しかしその外に馬体を併せてくるGI馬セイウンコウセイがシュウジの先頭を奪おうとします。
わずかにまだシュウジが先頭か、二番手のセイウンコウセイ、セイウンコウセイが先頭に立つかな…?
という競り合いを一気に外から交わす影。
ジューヌエコールが一気に伸びて前を行く二頭を並ぶ間もなく差し切ってしまいました。そのまま先頭。インではシュウジを競り落としたセイウンコウセイが二番手に上がりますが、あくまで二番手争いとなりそうな勢いです。ジューヌエコールの脚は止まらなそう。

さらにその後ろからは外からキングハートが差してセイウンコウセイとの二番手争いにもつれこもうとしています。連れてエポワスも並んで二番手争いに加わろうという勢い。

ジューヌエコールは既に二馬身ほど差を付けており、勝ちはゆるぎないように見えました。
二番手争いは未だ微妙なところで、セイウンコウセイをキングハートが交わしたか?というところ、しかし外からはより鋭い末脚でエポワスが来ています。セイウンコウセイも一杯になったわけではないのでまだまだ。
こうしてキングハートが単独二番手となったのが見えたところで、二馬身ほどの差を付けてジューヌエコールが先頭でゴールイン。

ジューヌエコールが勝ちました…。
しかもレコードタイムでの勝利、あれ?ジューヌエコールってこんな強かったっけ?

一発あるかも、と踏んでいたキングハートは二着、ここも読みがいま一つでした。さらに三着にはエポワスで、予想したセイウンコウセイもシュウジも複勝圏外となってしまいました。うーむ。
セイウンコウセイは四着、五着にはイッテツが入りました。イッテツ、逃げ切り勝ちはないと思っていましたが、掲示板確保はできるほどの実力でした。軽視してすまん。

意外だったのはノボバカラ、よく最後の直線を見ていると最後方からまっすぐにインを突いて一気に前の馬に迫ってきています。最終的に7着ではありますが、4着のセイウンコウセイから数えるとクビ差⇒クビ差⇒クビ差という0.2秒差、ただのダート馬とは侮れない走りでした、次につながるような走りだったかもしれません。
シュウジはうまくペースが作れなかったんでしょうか?ノボバカラよりさらに0.2秒遅れる10着、これは大敗と言ってもいいかもしれません。