SpecialなWeekを目指す競馬日記

自分の買い目を考えて記録し後で検証するという目的のブログです。※馬券の購入は自己責任です。予想はそれほど悪くないが馬券に落とし込むところが課題です。

予想2018:京都11R-マイルチャンピオンシップ

広告

今年のマイルチャンピオンシップは前が残る展開で予想、ここは前で競馬する馬を中心で勝負です。

予想:

◎15番:アエロリット
○8番:モズアスコット
▲7番:ロジクライ
△11番:ジャンダルム

馬券は:

単勝:15番:アエロリット
複勝:11番:ジャンダルム
馬連:8-15、7-15、7-8
馬単:15-8
ワイド:11-15、8-11、7-11
三連複:ボックス
    7、8、11、15
三連単:15-8-7、15-8-11

考えたこと:

去年はエアスピネル以外は狙った馬が来ない…、本命単勝のエアスピネルは二着だし、複勝一点だけ用意した穴馬レーヌミノルは及ばず四着だし、ちぐはぐな結果でしたね。
去年の予想:予想2017:京都11R-マイルCS - SpecialなWeekを目指す競馬日記
去年の結果:振り返り2017:京都11R-マイルチャンピオンシップ - SpecialなWeekを目指す競馬日記

何とも言えない分かりづらさが個人的に感じているマイルCSの特徴です。

今年の本命はアエロリット
二日連続でメインレースはライアン・ムーアJKを本命に。
とはいえ、それほどミーハーな狙いのつもりはなく、ヴィクトリアマイルの接戦や安田記念での二着、休養明け秋初戦の毎日王冠を逃げ切った実力から言って現在アエロリットは充実一途、こここそが今年最大の狙い目と見ました。

対抗はモズアスコット
やはりこの馬は外せないところです。前残りの展開で考えているとはいえこの馬にとっては前残りの展開すら力でねじ伏せる、そんな強さがあります。ただ、直線の長い安田記念でアエロリットをクビ差退けて辛勝した半面、京都マイル戦なら僅差で届かずの二着、というのは大いにあり得るかなぁと。

このアエロリットとモズアスコットの二頭は抜けているのは間違いない、ということで安田記念に引き続きこの二頭でのワンツーなんじゃないでしょうか。
いずれも休養明けの秋初戦は自分のレースに徹しての好走ですし、叩き二走目でここ勝負ってのも伝わってきます。

単穴ではロジクライ
前残りの展開ならこの馬を忘れちゃいけない、ってことで連下の有力候補としてロジクライをおさえます。
何といっても今回の出走馬の逃げ・先行脚質の馬の少なさが、この馬のお終いの粘り込みを裏付けるかのように思えます。
モズアスコットもペルシアンナイトも中団以降に控える競馬になるでしょうから、やはりロジクライのように二番手三番手に付けてレースを進めるようなタイプがアエロリットの逃げ切りに華を添えるんじゃないかと。一概に前残りとは言えない展開になっても複勝圏内に粘り込んでいる強さも魅力。

穴のおさえにはジャンダルム
ほぼ鞍上買いのような感じが漂っていますが、この馬はもともとは番手で控えて抜け出すような競馬をしていたんですよね。皐月賞以降はかなり後方から追い込む競馬をしていますが、ヤネが武豊JKなのでペースを見切って前目の位置取りから早めの競馬をするんじゃないかというなんとなくの見立て、それなら三着はありそう、ということでのおさえ。弥生賞の時のようなレースの進め方なら三着あるんじゃないかなぁという希望的観測。

昨年ハナ差で悲願のGI制覇に届かなかったエアスピネル。
先週のリスグラシューのようにこの馬にも悲願のGI制覇を、と思うのですが、いかんせん相手が悪すぎるように見えます。
去年勝ったペルシアンナイトは、やっぱ今年未勝利なのがきになるんですね。休養明け初戦で斤量59キロだったとはいえ富士Sも以前のような走りじゃなかったなぁというのが個人的な感想、叩き二走目で一変する可能性もあるので来たら諦めよう。